1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

2,418

5af4b4c447ac592b008b46fe

Kirsty Wigglesworth/AP Photos

華やかで優雅なヨーロッパ王族。もっとも裕福なのは誰なのか気になります。

パッと思いつくのは、イギリスのエリザベス女王でしょう。たしかに、一般的な知名度はダントツですが、じつはエリザベス女王以上にリッチな王族がいるようです。「Business Insider Japan」の記事「ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ10」から、上位5つを見てみましょう。

5位:ベアトリックス女王(オランダ)

5af4aea4bd6fc24d088b4693(1)

Pool/Getty Images

ベアトリックス女王は2013年に退位しているが、オランダ王室にとって最も重要な人物だ。
現在のオランダ国王、ウィレム・アレキサンダー国王には公務にかかる費用として4700万ドルの予算が割り当てられている。不動産や株といった個人資産も持っている。
「Business Insider Japan」より引用

80歳のベアトリックス女王の純資産は、2億~3億ドル(約220億~330億円)。国賓として何度も訪日され、戦後の日蘭関係の改善にも務められました。

4位:女王エリザベス2世(イギリス)

5af5eeb4fe3eea20008b47ad

Ben A. Pruchnie/Getty Images

イギリス王室の資産は不動産、アート、株などで構成されている。
クラウン・エステートと呼ばれるバッキンガム宮殿や宝飾品といった大半の資産は、女王ではなく国に帰属するものだが、バルモラル城やサンドリンガム・ハウスは女王の所有だ。
フォーブスによると、エリザベス女王の個人資産は5億3000万ドルと推定される。
「Business Insider Japan」より引用

知名度のあるエリザベス女王は4位にランクイン。純資産は、5億~6億ドル(約550億~660億円)です。

エリザベス女王はたいへんな倹約家としても有名。値段や大きさにかかわらず、どんな物も大切に扱う姿勢は真似したいものです。そして、その精神はキャサリン妃ら次世代にも受け継がれているようです。

3位:アルベール2世公(モナコ)

5af5eb376e8bbd880c8b47c7

Pascal Le Segretain/Getty Images

モナコのアルベール2世公は国の4分の1相当の土地を所有していると言われる。2016年に75万4000ドルで購入した元女優で母親のグレース・ケリー公妃のアメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィアにある家や、クラシックカーのコレクション、株、高価な切手のコレクションもその資産の一部だ。
2015年、国が王室のために使った金額は5278万8294ドルにのぼる。
「Business Insider Japan」より引用

アルベール2世公は、アメリカの女優だった故グレース・ケリーとレーニエ3世の息子

53歳まで名うてのプレイボーイとして浮き名を流してきましたが、2011年に南アフリカ出身で元競泳選手だったシャーリーン・リネット・ウィットストック(シャルレーヌ公妃)と結婚。2014年には、男女の双子が誕生しました。純資産は、10億ドル(約1100億円)。

2位:アンリ大公(ルクセンブルク)

5af4b2909aa4ce1d008b47c0

Mark Renders/Getty Images

ルクセンブルクの王族は給与は受け取っていないが、1948年以降、活動を続けるために毎年32万4851ドル前後を助成として受け取っている。
2017年の予算はまた、大公の家計費として1218万1914ドルを計上している。個人資産は全て大公に帰属する。
一族の財産は、40億ドルと言われている。
「Business Insider Japan」より引用

親日家としても知られるアンリ大公。大学時代の同級生だったキューバ出身のマリア・テレサ(キューバ革命時にアメリカへ亡命)と恋に落ち、1981年に周囲の反対を押し切って結婚しました。アンリ大公の母ジョゼフィーヌ=シャルロットはヨーロッパ王族の嫁を望んでいたため、嫁姑間の確執は絶えなかったそうです。純資産は、40億ドル(約4400億円)!

いくら歴史と伝統ある王族とはいえ、反対はしても純愛を引き裂くことはしないようですね。先日は英ハリー王子とメーガン妃のロイヤル・ウェディングが話題となりましたが、他のヨーロッパ王室でも個人の幸せを尊重して、国籍・身分関係なく恋愛結婚している王族は少なくないようです。

1位:ハンス=アダム2世公爵(リヒテンシュタイン)

5af4b164cc061c1e008b4713

Eddy Risch/AP Photos

リヒテンシュタインのハンス=アダム2世公爵は、給与の代わりに経費として27万709ドルを受け取っている。
他の王族に比べ、受け取る経費が少なく見えるかもしれないが、リヒテンシュタイン王室には50億ドル相当の資産があると言われている。その大部分は、プライベートで所有するLGTリヒテンシュタイン銀行や、不動産、森、ワイナリーといった資産を管理するPrince of Liechtenstein Foundationを通じた投資によるものだ。
「Business Insider Japan」より引用

リヒテンシュタインは、スイスとオーストラリアに挟まれた、人口約3万7,000人の小さな国。国土は、日本の小豆島くらいの大きさです。タックスヘイブンとしても有名で、リヒテンシュタインには世界中から企業が集まってきます。

その元首ハンス・アダム2世公爵は1989年に即位して以来、元首として国を統治してきましたが、2004年に長男アロイス公子に実質的な統治権を譲っています。純資産は、50億ドル(約5500億円)!! 夫人は生粋のヨーロッパ貴族出身で、本名マリー・アグラーエ・ボナフェントゥラ・マリア・テレジア・キンスキー・フォン・ヴヒニッツ・ウント・テッタウさんという、長いお名前。

ちなみに、このランキングは純資産を基準としていますが、中には純資産を推定するのが難しい王室もあるということ。10位~6位はこちらの記事をどうぞ。

Business Insider Japan

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    4. 『スター・ウォーズ/エピソード9』キャスト決定! 気になるレイア役は?

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 思わずため息。時を忘れるパール展

    7. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    8. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    9. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    10. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 週一ならば続くかも。カラダを原点に戻す「月曜断食」

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 思わず泣きそうになった。心に留めておきたいあったかい詩

    9. IQではなくEQ。他人の気持ちを理解する能力の鍛え方

    10. 仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

    1. 1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    4. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    5. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    6. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    FBからも最新情報をお届けします。