1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「私のすっぴん 、美しい」って、自分でも思っちゃいそうなハイテクファンデ

「私のすっぴん 、美しい」って、自分でも思っちゃいそうなハイテクファンデ

1,199

「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」新作「ネオヌード」シリーズにおけるトリッキーな話を、2つ、いたしましょう。

20180530_giorgioarmanibeauty_1

「ネオヌード」シリーズより。上段はブラッシュ、ハイライター、コントゥア。中段はフェイスパウダー。下段はバーム。

「美しい素肌」のような、メイクアップ

まず1つ目。ネオヌードは「完璧なノーメイクアップ・メイクアップ」を目指した、ということ。ノーメイクなの? それともメイクアップ? どちらなのか戸惑いますよね。

メイクアップ製品ですから、もちろんメイクアップした状態なわけですが、もはや自分の素肌が美しくなったとしか思えないほどの仕上がりを指します。この夢のような肌を生むのが、ネオヌードのファンデーション。

20180530_giorgioarmanibeauty_2

ファッションデザイナーであるジョルジオ・アルマーニ氏は、上質なファブリックへのこだわりの持ち主。彼にとって肌とは、素材そのもの。最高級の素材を求めること=究極の肌づくりといえます。

では、究極の肌とはどのようなものか。それは素肌のようにナチュラルでありながら、ただのすっぴんとは異なる、美しい輝きを放つ肌。これを叶えるのが「ネオヌード リキッドパウダー」なのです。

リキッド? それともパウダー?

ここで2つ目。このリキッドパウダーって、リキッドなの? パウダーなの? という言葉のギミックが登場します。

20180530_giorgioarmanibeauty_3

艶やかでナチュラルな仕上がりのフェイスパウダー「ネオヌード リキッドパウダー」全6色 セット価格8,000円、レフィル6,000円(ともに税別)。

これはどちらも正解リキッド特有の滑らかさや密着感と、手を汚さず持ち運べるパウダーのメリットを融合させた製品だからです。

面白いのは単に機能のいいとこ取りをしただけでなく、実は形状的にもリキッドとパウダーを行ったり来たりしているというところ。

このフォーミュラには開発になんと10年も要した特許テクノロジーが搭載されていて、リキッドの水分が蒸発してエッセンスがパウダー状になったのち、このパウダーが肌の水分に触れると再び元のリキッドへと変化します。しかもパウダー状になったとき、肌に消え入るようになじんでキメを整える技術も採用されているというスーパーハイテク具合(この技術も開発10年、特許取得)。

ヌーディなヴェールが毛穴や凸凹、色ムラなどの欠点をカバーしつつ、透明感のある輝く肌へと磨き上げてくれます。これぞまさに、「あれ? わたしってこんなに綺麗だったっけ?」という、うれしい勘違いをもたらす究極の肌。

20180530_giorgioarmanibeauty_4

左・中・右は内からにじみ出るようなフレッシュな血色感をプラスする「ネオヌード ブラッシュ」全3色、左から2番目は柔らかな光を与える「ネオヌード ハイライター」全1色、右から2番目はメリハリある立体感を生む「ネオヌード コントゥア」全1色。すべて5,200円(税別)。

ファンデーションだけでも十分に美しいのですが、ひと手間加えるのであればウォーターベースのフェイスカラーやリップバームを合わせましょう。

「美しく完璧。欠点のない素肌ほど、女性に自信を与えるものはない」(ジョルジオ・アルマーニ)

どんな視線にも負けない、自信肌が手に入ります。

ジョルジオ アルマーニ ビューティ

電話:03-6911-8411

ジョルジオ アルマーニ ビューティ

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    「私のすっぴん 、美しい」って、自分でも思っちゃいそうなハイテクファンデ

    FBからも最新情報をお届けします。