1. Home
  2. キャリア
  3. 「筋トレ」ファースト/お金にならない学び #2

「筋トレ」ファースト/お金にならない学び #2

Re:Study ー今、必要な学びー

5,629

Re_study_hamano-2-1

濱野ちひろさん。セクシュアリティ・エロティシズムの文化人類学的研究に取り組む。撮影/祐實とも明

40歳を目前にキャリアからいったん離れ、京都大学の門を叩いたライターの濱野ちひろさんに、なぜ、学問の道に進んだのか、その結果、よかったことや悪かったことを綴ってもらう「社会人の学び」特集番外編。 受験を決めた第1回に続き、今回は39 歳の大学院入試に立ちはだかった落とし穴について。

profilechihiro-1

撮影/宮本敏明

濱野ちひろ(はまの・ちひろ)さん
1977年広島県生まれ。フリーライター。京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程在籍中。セクシュアリティ・エロティシズムの文化人類学的研究に取り組む。バツイチ、金なし、ミッドライフ・クライシス、の三重苦をバネに、先行き不透明なケモノ道を邁進中。ルポに「欲望のトレーニング——ベルリン「セックスの祭典」体験記」『新潮45』2018年3月号など。


恐ろしきシャープペンシル

入学試験なんておよそ20年ぶりだった私にとって驚くべき体験だったのは、「紙にシャーペンで解答を書く」という作業の難しさだった。日ごろボールペンで乱雑にメモを取り、書類はたいていパソコンで入力することに慣れ切っている仕事用の手は、シャーペンの芯の固さや紙との摩擦の加減をさっぱり忘れていて、文字を書くスピードが普段の三倍くらいかかってしまった。

まさかこんなことでつまずくとは予想さえしていなかったので、時間配分がめちゃくちゃになった。「筆記具との相性の悪さなんかが原因で落ちたらたまらない! 誰に言っても信じてもらえないだろう!」と焦った。幸いにも私は合格したが、このシャーペン事件はその後の大学院生活を暗示する象徴的できごとだったことにその後私は気づくことになる。

自転車でフラフラ、頭もフラフラ

2016年春、慣れ親しんだ東京に後ろ髪をひかれながらも京都に引っ越し、新生活が始まった。桜が咲き誇り、空は青く、鴨川はきらめいて鷺がのどかに佇んでいる。なんと優雅なことだろう。

そんな京都の日常をサバイブするには自転車が必須であるため、私は20年ぶりにサドルにまたがった。愛用のトートバッグはバックパックに、8㎝ヒールはスニーカーに代わった。東京の交通機関に甘やかされてきた私は自転車のバランス感覚が掴めずに、鴨川沿いで一回、百万遍の交差点あたりで一回、派手に転倒してアザを作った。

正直、桜なんて愛でる余裕もない。痛くてもすぐ起き上がって大学に行かねば。 根性でゼミに向かうと、今度は脳のバランスが崩れた。鍛えあげてきた仕事脳は、学術脳とはかけ離れていた。議論のポイントをざっくりと掴むことはできても、奥深いところに手が届かないもどかしさ。私、結構大変なことに着手しちゃったんだなと理解したのは入学して一か月は経った頃だった。

shutterstock_380881627_kijinaka

Image via Shutterstock

おとなの身体を若返らせる

シャーペン、自転車、仕事脳。私に降りかかったこれらの苦労は、おとなの身体が備えているクセに関する問題だ。人間は環境に作用され、自分の周囲の世界に馴染んでいく。そうやって技術を習得し成長する。しかしそれは同時に、いつの間にかその環境に特化したクセを身につけ、特定のこと以外に鈍感になったり不器用になったりすることでもある。その側面を人は老化と呼ぶのかもしれない。もしそうならば、新しい環境に挑戦し続ければ老いは減速するともいえる。

実際、挑戦の効用はすぐに現れた。講義や議論が純粋に楽しい。知らないことが多すぎるという喜びは、仕事で得る達成感とは180度違っていた。脳が内側から新しくなる感覚があった。大学に行きさえすれば知恵や知識が降り注いでくるという事実を、なんという贅沢だろうと感動した。20代ではわからなかったことだ。

筋トレしてから受験しろ!

しかし本当のところ、最初の半年間の私は、帰宅するや毎日ほうほうのていでベッドにもぐりこんでいた。若さという財産をピークまで蓄えた学生たちが初夏の日差しを受けてきらめきを増す中、私はといえば春風邪を長々と引きずり、わが身にはぴちぴちのカケラも搭載されていないと痛感していた。打ち上げられて浜で腐りかける魚のような気分で身を引きずりながら、前期をどうにかこなし、すべての課題を終えた時は泣きそうになった

仕事中心の生活で作られていたこれまでの身体を、学問に耐えうる身体に書き換えるには、実は体力が何より必要だった。受験勉強で太っている場合じゃなかった、むしろ筋トレとジョギングが大事だったんだとこのころやっと気づいたが、後のまつり。

だからいま私は声を大にして言いたい。大人になって大学院に行くつもりなら、まずは筋トレから始めよう!と。2時間受験勉強したらスクワット20回。そんなメニューをおすすめしたい。 (続く)

※アラフォー受験生、合格! 次回はアラフォー学生の本音を綴ってもらいます。

*続きはこちら

視界良好、世界は変わる/お金にならない学び #3

40歳を目前に京都大学の門を叩いたライターの濱野ちひろさんに、よかったことや悪かったことを綴ってもらう「社会人の学び」特集番外編の第3回。「大人が大...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/hamano-3.html

レールからの逸脱万歳!/お金にならない学び #4

40歳を目前に京都大学の門を叩いたライターの濱野ちひろさん。命からがら修士号を取得して、博士課程にまで進んでしまった濱野さんにとって「学び」とは? ...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/hamano-4.html

*第1回はこちら

「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

大人の学び特集番外編。40歳を目前にキャリアからいったん離れ、京都大学の門を叩いたライターの濱野ちひろさん。彼女に、なぜ、思い切った行動をとったのか...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/hamano.html

文/濱野ちひろ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 収入アップを狙うなら、3つの見地から考えよう

    6. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    7. 上司より先に帰りづらい問題。若手社員が先輩に提案するのは「ポジティブな帰り方」

    8. これから訪れる人生の危機を予習できるアラフォー必読小説

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. 博学多才タイプ

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    「筋トレ」ファースト/お金にならない学び #2

    FBからも最新情報をお届けします。