1. Home
  2. ライフスタイル
  3. スマホでさくっと。髪の悩みに合わせてシャンプーをカスタマイズ!

スマホでさくっと。髪の悩みに合わせてシャンプーをカスタマイズ!

いま使っているヘアケア製品は、みなさんの髪質にマッチしていますか?

筆者は、ヘアケア難民です。クセが強く、パサつきがち。艶が出づらく、まとまらないのが悩み。ヘアケア製品でなんとかなるものでもあるまいと半ばあきらめつつも、あれこれ試しながら生活してきました。が、未だ完全にフィットするものには出会えていません。

考えてみれば当たり前で、わたしの髪質という個別の悩みに対して既製のケア製品を使用しても、悩みのすべてが解消されるわけではないのです。

どこかにカスタマイズサービスとかないのかなあ、と思っていたら、見つかりました。日本初(発売元調べ)となるパーソナライズシャンプー「MEDULLA(メデュラ)」。ひとりひとりの髪の個性に合わせた成分を配合した製品が、箱入りで届きます。

20180606_medulla_1

「MEDULLA」約2か月分6,800円(税・送料別)※いつでも解約可能、14日間全額返金保障つき

これ、非常に簡単。スマホかパソコンを使い、「髪の長さ」や「頭皮の状態」、「くせのレベル」、「なりたい髪のイメージ」など、7つの質問に答えるだけで、100以上の処方からカスタマイズしてくれます。

20180606_medulla_2

1万種以上あるといわれる日本を流通するシャンプーのなかから自分の髪にベストマッチするものを探すのは至難の技。MEDULLAは7つの問いに選択式で答えるだけ。30秒ほどでサクッと終了。

しかも使用を開始してから、マイページ上で担当スタイリストとやり取りすることで、より最適なものにブラッシュアップさせていってくれるという、ありがたいサービスも。

メデュラとは、髪の芯を指します。キューティクルをケアする、といった表現がありますが、メデュラはキューティクルの内部に存在するもの。髪の表層ではなく、芯まで成分を浸透させ、髪を根本から美しくしてゆく製品です。

20180606_medulla_3

香りも5種類から選択可能。ブルーは冷静で知的な雰囲気を醸す、マリンベルガモットの香り。

髪質は年齢や気候、体調によっても変化します。また、いまのヘアスタイルをキープするには実はハリコシより柔らかさがある方がいい、なんてこともあるでしょう。いまの時期、自分のヘアスタイルでは、どういった髪の方向性を選ぶと正解かがわからない場合は、提携サロンでスタイリストに相談し、その認定結果をもとにオーダーすることも可能(合わなければ購入しなくてOK)。

シャンプーとリペアがセットで約2か月分6,800円と、手が出ない値段ではないので、物は試し、筆者もさっそくオーダーしてみようと思います。

MEDULLA

URL:https://medulla.co.jp

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    スマホでさくっと。髪の悩みに合わせてシャンプーをカスタマイズ!

    FBからも最新情報をお届けします。