1. Home
  2. キャリア
  3. 自分が欲しい最高のものを掴みにいきましょう

自分が欲しい最高のものを掴みにいきましょう

ビジネス格言

2,071

GettyImages-961431146

We pride ourselves on being well-educated. And we don't want to sell ourselves short.
(私たちは、教養があることを誇らしく思っているし、自分を安売りしたくないんです)

——メーガン・マークル

ハリー王子と結婚したメーガン妃が、自身の出世作となったドラマ『SUITS / スーツ』についてのインタビューの中でこんな発言をしていました。

“私たち”とは、メーガン妃が演じたレイチェル・ゼインとメーガン妃自身のこと。長年演じているうちに、レイチェルは自分の分身のような存在になったそうです。インタビュアーから「レイチェルはとても野心家ですが、あなたと似ていますか?」と尋ねられ、メーガン妃はあっさり認めていました。

ドラマ開始当初、レイチェルはニューヨークの一流法律事務所で働くパラリーガルでした。とても優秀でアグレッシブ、そして上昇志向の強い性格。しかし、エリートな父親からの期待に応えられない自分に強いコンプレックスを抱いていました。

上をめざすのは、当たり前のこと

その後レイチェルは、働きながら猛勉強を重ね、晴れてロースクールに合格。念願の法曹への道を歩み始めるのです。

女性が野心家だったり上昇志向が強いと、男性の場合よりも強い批判にさらされる傾向があります。しかし、メーガン妃にとっては、より上を目指すのはごく当たり前なことのようです。

たしかに、変に卑屈になるよりも、自分が欲しいと思う最高のものを素直に掴みに行った方がいいですよね。

インタビュアーがメーガン妃の発言を聞いて「なんだか、『LEAN IN 女性、仕事、リーダーへの意欲』(注:シェリル・サンドバーグのベストセラー)とか読んでいそうですね」と言うと、メーガン妃は「まさに、ちょうど読み終えたところ」と驚いた様子でした。

esquire]Image via Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    2. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    5. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    6. これからは「生き方が働き方」に。好きなことを仕事にしていくヒント

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 「直感に従えば、必ず答えが見つかる」理由

    10. 雨だけど「髪、まとまってる! 」って歓喜したい

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    3. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    4. もしも部下が発達障害だったら?

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    7. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    8. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    9. Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

    10. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    8. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    9. 【緊急座談会】他人事じゃない! 働く女性のリアルな「更年期」事情

    10. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    自分が欲しい最高のものを掴みにいきましょう

    FBからも最新情報をお届けします。