1. Home
  2. マネー
  3. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

9,087

shutterstock_1033329697

節約を意識して生活しているのに、貯金がなかなか増えない人は少なくありません。「安いから買いだめよう」と特売品にふりまわされると、ついムダなものまで買ってしまって逆効果に……。

お金をつかうルールを意識すれば、貯金は自然と増えていきます。ライフハッカー[日本版]の記事を参考に貯金体質を身につけて、お金を増やす近道を一気に駆け抜けましょう。

投資を活用して貯金でラクする

貯金体質を身につける前に、投資を活用すると貯金がラクになることを覚えておきましょう。

投資と聞くと、難しくて手がだせない印象をもつ人がとても多いです。投資ですから元本割れ(預けたお金が減って返ってくる)の可能性もあります。

リスクが低い投資信託であれば、初心者でも安心してお金を運用できるでしょう。プロが堅実に資金を運用してくれる「インデックス型投資信託」というものもあります。

貯金体質になるファーストステップ

貯金体質を身につけるには、お金のつかいかたの見直しからはじめましょう。記事の中で、家計再生コンサルタントの横山光昭さんは、貯金体質になるファーストステップを次のようにまとめています。

1.お金が減るつらさを実感する

支払いを現金ですることで、ムダな出費の痛みを感じられるようになります。クレジットカードは便利ですが、気軽にお金を払ってしまうので注意が必要です。

2.必要以上の買い物はやめる

特売品やまとめ買いで、必要以上に買い物をすることは避けましょう。食品などはもちろん、洋服や家具、家電など、買い物全般に共通してもっておくべき節約意識です。

3.欲しいだけなら、ひと呼吸

衝動買いは貯金体質の敵です。買いたいものに意識を奪われてしまったら「本当に今、必要なの?」と自分に問いかけてみましょう。

固定費を削れば貯金体質は加速する

「本当に必要なものを、必要な量だけ、現金で買う」が習慣になれば、貯金体質は身についています。さらに貯金を加速するには、スマホ利用料など毎月支払うお金を見直すことです。たとえば格安SIMに変更すると、月々の固定費が5000円以上安くなることもあります。

貯金体質を身につけて、軽い資産運用をする。これだけで、お金は少しずつ増えていきます。

ライフハッカー(日本版)

Image via Shutterstock

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    FBからも最新情報をお届けします。