1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 最強のおうち映画デバイス、降臨。もう家から出たくない!

最強のおうち映画デバイス、降臨。もう家から出たくない!

1,397

NetflixやAmazonプライム・ビデオなど動画配信サービスが使えるようになり、自宅で映画を楽しむ人が増える昨今(2017年に行われたクロス・マーケティング社の調査によれば、2014年と比較して35.1%の人が動画配信サービスによる映画鑑賞が増えたと回答)。おうち映画鑑賞派にお薦めしたいのがこのヘッドギア。ポータブルシネマ「MovieMask」であります。

20180605_moviemask_1

「MovieMask Premium」Makuake限定特別価格13,980円コース〜(税・送料込み)。クラウドファンディング期間は2018年6月29日(金)まで。手元に届くのは2018年9月予定。

使い方はものすごくシンプル。動画を再生したスマートフォンをセットし、マスクを頭に装着するのみ。

スマートフォンの画像がシネマ級の映像に。秘密はレンズ

このマスクを使って動画再生をすると、映像が高画質で観られるようになります。そのポイントとなるのは、内蔵されたレンズです。日本製の高品質素材を使って、ノルウェーの技術チームが新しい光デバイスを開発。この特殊レンズにより、解像度が通常のVRの4倍となりました。その映像美、下の動画で少し感じていただけると思います。

ちなみにこの特殊レンズの有無にかかわらず、VRゴーグルとはそもそも大きな違いがあります。というのも、VRゴーグルは一般的に3D向けに作られているため、2D画像を観ようとすると、画面が左右に出てきてしまい、綺麗に映すことができないのです。

20180605_moviemask_2

レンズとスマートフォンの距離が調整できるため、映像が大きく感じられすぎて鑑賞中に気持ち悪くなってしまうようなこともありません。

家どころか、持ち歩く先々が映画館になる

20180605_moviemask_3

人間工学に基づいたデザインゆえ、頭とのフィット感も抜群。ゆえに、装着したままごろんと横になれますし、一般的なスクリーンのように映像が出力される場所が固定されていると、スクリーン位置に合わせて身体の向きを調整せねばなりませんが、MovieMaskであれば身体に映像が付いてきてくれます。ホームシアターどころか、このマスクを持ち歩けばどこだって映画館化できてしまう!

20180605_moviemask_4

「ポータブルデバイスを使って、映画館の迫力を実現したい」と願った、北欧出身の青年2人によって開発された同製品。北欧市場ではすでに10,000個も売れているのだとか。

日本ではクラウドファンディングサービス「Makuake」で展開中。映画好きのみなさん、ぜひとも応援してあげてください。

MovieMask

URL:https://www.makuake.com/project/moviemask/

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    最強のおうち映画デバイス、降臨。もう家から出たくない!

    FBからも最新情報をお届けします。