1. Home
  2. キャリア
  3. 一晩寝たら憧れの地にテレポート。19時間直行便が今秋就航

一晩寝たら憧れの地にテレポート。19時間直行便が今秋就航

The New York Times

18時間45分、お時間ありますか?

18時間45分というのは、シンガポールとニュージャージー州ニューアークのリバティー国際空港の間の新しい路線の所要時間だ。シンガポール航空によるとこれは世界最長の商業路線で、10月11日に就航、10月18日より毎日運航となる。

それに比例するのが、世界で最も短時間の定期商業運航便。スコットランドの北にある2つの島、ウェストレーとパパウェストレーを行き来するローガンエアーの1分半のフライトである。

シンガポール・ニューアーク間を直行19時間で

GettyImages-969539090

Image via Getty Images

シンガポール航空は、エアバス社のA350-900ULR (超長距離)型機を導入する最初の航空会社となる。この機種は燃料容量が多く、カーボンファイバーの機体は従来のアルミのものよりも軽い。また、長距離仕様のジェット機の多くは4基エンジンであるが、これは2基エンジンなので燃費も良いときている。

このフライトの座席数は161。シートがフラットになるビジネスクラスが67席、プレミアムエコノミーが94席。通常のプレミアムエコノミーと比べて座席サイズは大きめでレッグルームも広くとってある。ただし、ベッドにはならない。

アジアに早く行きたいNYCのビジネスマン向け

この直行便はビジネス客に売り込むのが主な目的なので、ニューヨークの拠点としてニューアークが選ばれた。マンハッタンやニュージャージー州北部のビジネス客にはアクセスがよいからだ。

「この直行便によって、乗り継ぎが1回あるよりも少なくとも2〜3時間は短縮できるでしょう」。また、自宅から最終目的地までならほとんどの乗客にとって「4時間も短縮できるかもしれません」と述べるのはシンガポール航空のエグゼクティブ・バイスプレジデント・コマーシャルのマック・スゥイー・ワー。同社はいまのところ運賃については発表していない。

どんな機内食がでるのだろう?

しかし、このように長いフライトでは、旅客にとってはなんといっても快適さが重要になってくる。

「お客様が一番重視するのは快適さでしょう」とマックは言う。

そのために、シンガポール航空はこの路線に合わせた特別な機内食サービスを取り入れる予定である。食事のスケジュールとメニューはまだ確定していないが、同社によると超長距離路線の機内食サービスは、短い路線よりも多くのプランニングとオーガナイゼーションが必要になるということである。

帰路も映画の続きをスムーズに楽しめる

同社の他のフライトと同様、乗客は前席の背もたれ後部にあるエンタテイメントシステムで好きなものを楽しむことができる。フライトの前に、乗客は機内メニューにあるものから映画やTV番組や音楽のプレイリストを作ることができる。そのプレイリストはモニターとシンクロしていて、復路のフライトにも反映される。つまり、帰りのフライトで、行きに半分しか観られなかった映画を早送りする必要はなくなるのだ。

GettyImages-841667382

Image via Getty Images

1日に合わせて照明が変わる

「最新世代の機種には、お客様のウェルネスを高める特徴が内蔵されています」とマックは言う。機体はアルミニウムではなくカーボンファイバーなので、腐食に強く、客室の湿度を従来より高く保つことが可能となる。

また、A350の客室は通常より低い高度で与圧されるので、乗客は高度6000フィートで飛んでいるような気分になる(ほとんどの航空機は8000フィートで与圧する)。また客室にはLED照明を使用し、1日の時間に合わせて照明が変わるようになっている。乗客が時計やスマホを到着地の時間に合わせる前に、時差ぼけを解消するのに役立つというわけだ。

超長距離フライトを可能にした最新機体

「この機種がこのような路線にぴったりなのは、第一にその能力があるからなんです」と言うのは、エアバス社のA350製品マーケティング長のマリサ・ルーカス・ウゲナ。「シンガポール航空にとっての決め手はこの機種がとても効率的である点です。この機種のおかげでシンガポール航空はこの路線を再開することができ、収益を出すことが可能となります」

シンガポール航空は、2004年から2013年まで、エアバスのA340-500型機でシンガポールとニューアーク間の直航便を運航していた。2008年以降はビジネスクラス100席となったが、それ以前は2クラスで、2018年10月から再開されるフライトの配置と同じようであった。

「この路線はとても好評だったんです。残念ながら当時、経営面では難しかったのです。A340型機は最も効率が良い機種ではありませんでしたし、他にもいろいろな要素が絡んで、この路線を続けるのは経済的ではありませんでした」とマックは語る。

エアバスA340型機は、このニューヨーク・シンガポール間の路線を可能にするように設計され、比較的コスト効果があった。しかし、それは、この機種を別の路線に使うことは経済的ではないということを意味した。2013年にシンガポール航空がこの路線を中止したとき、この機種も使われなくなった。だが、新しいA350型機は同社の全保有機団の中に統合されている。

「この機材は全保有機の一部になっているので、運航の経済面はもっと堅実なんです」とマックは言う。

遥か遠くへ旅するのは、いつの時代も人類の憧れ

この数年、超長距離の路線がぐっと増えているのは、燃料の低コスト、新しい機種は重量が軽く効率も良いので、以前と比べ長距離を運航する経費が下がっているということがある。コンサルティング会社ICFの航空担当上級バイスプレジデントのサミュエル・エンゲルによると、10年前にはこのような超長距離の路線は10便あった。いまでは、運航されている路線は23、これからの数ヶ月でまだ増えるそうだ。エンゲルは、ノンストップで8000マイル(12,875㎞)以上飛ぶフライト、または15時間以上かかるものを超長距離と考えている。

「これは、テクノロジーのおかげで経営的に新しい可能性が広がっているという良い例ですね」とエンゲルは言う。それに、はるか遠くの場所へ旅するのはいつの時代も人々が憧れたことだったと付け加える。

「九龍にテレポートできる魔法に魅了されているんですね」とエンゲルは香港の一地区を例に出しながら語った。「その魔法で、一晩寝て映画1本観たらそこにテレポートできるんですよ

© 2018 New York Times News Service[原文:19 Hours on a Plane: Flights Between Newark and Singapore to Return/執筆:Zach Wichter](翻訳:ぬえよしこ)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 世界で互角に働く人は、リベラルアーツを学んでる

    2. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 「疲れた〜」を解消する、美味なるごちそう

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. ツイてない仕事を好転させるシンプルな処方箋

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. わたしは何をがんばればいいの? 大人美肌の育て方

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    3. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    4. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    5. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    6. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    7. もしも部下が発達障害だったら?

    8. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    9. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    10. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    8. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    9. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    一晩寝たら憧れの地にテレポート。19時間直行便が今秋就航

    FBからも最新情報をお届けします。