1. Home
  2. キャリア
  3. 昇進しないまま責任だけが重くなっていく。いつまで待てばいい?

昇進しないまま責任だけが重くなっていく。いつまで待てばいい?

The New York Times

ニューヨーク・タイムズの人気コーナーThe Workologist。働く人の悩みにズバリ答えます!

nyt-1

Maria Nguyen/The New York Times

Q:責任の重い仕事を任されたものの、昇進の話は宙に浮いたまま。いつまで待てば良いですか?

予算の関係で自分が関わっていたプロジェクトが棚上げされました。幸いクビにはならず、もっと高度な仕事を任されました。ただ問題は、昇進ではない点。肩書きや待遇は変わらずに、責任だけが重くなりました。

昇進の希望を上司に率直に伝えたところ、少なくとも「あと数か月は」どうすることもできないと言う返事でした。いつ、また話を切り出せばいいでしょうか? 今の仕事になってからわずか2か月ですが、すでに目に見える結果は出せています。(ニューヨーク・シティの匿名希望)

A:できるだけ早く時期をはっきりさせて。時間が経つほど不満が募り、冷静な交渉が困難に

「あと数か月」とは、なんとも曖昧で、やきもきさせられる表現ですね。一番大事なことは、時期をはっきりさせることでしょう。私なら、できるだけ早く動きます。

まず自分の希望を整理して

交渉に備えて、自分の要望やその根拠を考えておきましょう。あなたはすぐに大幅な昇給や響きのいい肩書きを得ることを期待しているかもしれません。でも、「予算の制約」のせいで、上司にできることは本当に限られている可能性もあります。わずかな昇給、または肩書きだけの変更だけでも、満足できますか? 人によって答えは違うと思いますが、交渉前に自分の考えを整理しておきましょう。

具体的な成果を挙げて要望を伝える

その後で面談を設定し、要件を率直に伝えましょう。「責任ある仕事を引き受けてから多少の時間が経ったので、次に、何をいつ期待できるのか知りたい」と切り出してください。

その際、組織や業界水準に照らし合わせて、具体的に成果を挙げましょう。例えば、「私の取り組んだXという仕事は、通常Yに値する内容だと思います」というように。自分と上司の見解が一致しているか確かめておきたいので、フィードバックの余地は残しましょう。

曖昧な返事なら、自分から時期的な目安を提示しても

あけすけな要求はせず、上司の反応を見てください。その場で昇進を引き出すのは非現実的かもしれませんが、次のステップは明確にしておきましょう。依然として返事が曖昧だったり、はぐらかされたりした場合は、時期的な目安を自ら提示するのも手です。もし足踏み状態が長引く場合、今の仕事が後々の転職に役立つかどうかを考えてください

なんにしても、不満を溜め込むより、さっさと話を切り出した方が良いでしょう。貴女が黙っている限り上司は問題をやり過ごせるので、この件を自ら話題にしないかもしれません。限界まで我慢すると、無茶な要求を感情任せに突きつけたくなる可能性が大です。すると、ますます満足のいかない結果に終わるでしょう。

©2018 The New York Times News Service[原文:Your Job Is More Intense. Your Pay and Title Haven't Kept Up./執筆:Rob Walker](翻訳:Ikuyo.W)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    昇進しないまま責任だけが重くなっていく。いつまで待てばいい?

    FBからも最新情報をお届けします。