1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 彼らはどこで何をしてる? 外国人観光客目線で見るTOKYO

彼らはどこで何をしてる? 外国人観光客目線で見るTOKYO

The New York Times

オリンピックを2年後にひかえ、旅行先として注目を集める日本の首都・東京。外国人観光客は、どのようなものを求めて東京を訪れるのでしょうか? ニューヨーク・タイムズが東京を訪れたい外国人向けに、節約しながら、ときには贅沢に、東京滞在を楽しむコツを指南。これを読むと彼らのTOKYO旅スタイルが見えてくるはず(以下、2018年4月28日付ニューヨーク・タイムズ掲載記事)。

nyt_tokyo_trip-1

Lars Leetaru/The New York Times

物価の高い東京。旅をするにはコツがいります

「東京は通常、節約しながら旅を楽しむバジェット・トラベラー向けの旅行先ではありません」と言うのは、東京に詳しい旅行エージェントのジョナサン・アルダー氏です。「東京では、ホテルもレストランも交通機関もすべて、高くついてしまいます。でも、それほどお金をかけなくても、工夫次第でワンランク上の旅行を楽しむことは可能です」

では、予算を抑えつつ「世界で最も物価の高い都市」の一つとされる東京へのラグジュアリーなショートトリップを楽しむ6つのアイデアをアルダー氏に教えてもらいましょう。

1. そりゃ桜はみんな見たいけど。オフシーズンの冬は狙い目

nyt_tokyo_trip-5

Image via Shutterstock

東京を訪ねるなら、11月から2月までのオフシーズンが狙いどき。冬場はホテル料金が一番安くなります。このシーズン、気候は穏やかな日もあれば、寒い日もあります。

春のお花見のシーズンに当たる3月と4月は避けましょう。開花したサクラは美しく、桜祭はどれも訪れる価値がありますが、春先は、ホテルの宿泊料金が最も高くなります。

2. ステイは丸の内で。名所も多いしアクセスも至便

宿泊先を選ぶ際は、東京駅と皇居に近い場所がおすすめです。近接するこの2つのスポットを含むエリアは、東京のまさに中心部に位置します。高級ホテルの料金設定は東京の他の場所より高くなりますが、アルダー氏によれば、アクセスの良さを考えると、値段に見合う価値があるそうです。

3. コスパよく食べるなら「東京駅構内」が穴場!

食べることが何よりも好き! という方なら、少なくとも1回は最高級の料理に舌鼓を打ちましょう。アルダー氏おすすめのレストランは、寿司なら「Sushi Bar Yasuda」(乃木坂にある、ニューヨークで寿司屋を長年営んだ安田氏の店)、鉄板焼きならパレスホテルの「濠(GO)」です。

それ以外の食費は、リーズナブルでカジュアルなレストランを活用し、思い切って節約しましょう(具体的なレストランは、ホテルのコンシェルジュに聞くか、「TripAdvisor」や 東京の情報誌「Time Out Tokyo」などをチェックしてみましょう)。お財布を空っぽにすることなく、個性豊かな日本食を味わうことができます。

nyt_tokyo_trip-2

Image via Shutterstock

アルダー氏が東京でよく利用するのは東京駅。東京駅構内にはリーズナブルなレストランがいろいろ揃っています。「食事の質の高さには目を見張るものがあります。美味しい食事にビールを頼んでも、1人25ドル(約2,700円)でおつりがきますよ」

4. 東京の移動はタクシーよりも地下鉄に軍配

東京の地下鉄は、市内の主要エリアや観光スポットを巡るのに一番速い上に、一番お金のかからない交通手段です。最低運賃は約1.5ドル(東京メトロは170円/都営地下鉄は180円)です。ただし、旅程によっては1日乗車券のようなフリーパスを使ったほうが大幅に節約できる場合もありますので、出掛ける前に確認しましょう。

nyt_tokyo_trip-3

Image via Shutterstock

5. 事前手配をしておけば、皇居も無料で見学できる

東京では人気観光スポットの多くが無料、もしくは少額の入場料で利用することができます。例えば、上野には、無料で一般に開放される絵のように美しい公園があります。公園内の東京国立博物館は、わずか620円の入館料で日本美術を代表する名作を鑑賞することができます。

港区エリアでぜひ訪れたいのは、見事な日本庭園で知られる根津美術館です(入館料は1,300円)。皇居の参観は無料ですが、事前予約が必要です。予約は宮内庁のウェブサイトで、参観希望日の前月の1日から可能です(先着順。例えば、11月に東京に滞在する場合、10月1 日に予約したほうがいいでしょう)。

6. 銀座に秋葉原、免税ショッピングはおサイフにやさしい

ショッピングにはパスポートを携行しましょう。パスポートを提示すれば消費税の免税を受けられます。購入後に免税分の還元を受けるのではなく、消費税が上乗せされない価格で購入できます。

免税ショッピングのポイントは、日本のブランドの購入にこだわること。海外の高級ブランド品と比べて割安です。

© 2018 The New York Times News Service[原文:Six Tips to Save Big on a Trip to Tokyo/執筆: Shivani Vora](翻訳:Ikuko.T)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 世界で互角に働く人は、リベラルアーツを学んでる

    2. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    4. 「疲れた〜」を解消する、美味なるごちそう

    5. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    6. ツイてない仕事を好転させるシンプルな処方箋

    7. あなたの目は大丈夫? 働く女性の目元問題、ウソ、ホント。

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. わたしは何をがんばればいいの? 大人美肌の育て方

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    1. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    2. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    3. やる気がでない人は充電の仕方が間違っていた!

    4. 犬 「なんて登り降りしやすいんだ!」

    5. 「いつでもおしゃれ」な人のワードローブのルール

    6. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    7. もしも部下が発達障害だったら?

    8. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    9. 「何をやっても痩せない」から卒業!

    10. 「そうだ、京大行こう」/お金にならない学び #1

    1. 性欲がないのは歳のせい? いいえ意外な理由があるんです

    2. 仕事ができる人ほどランニングをするのは理由があった!

    3. 「その症状はストレスのせい」と教えてくれる8つのサイン

    4. 「週一納豆」が身を助ける。納豆の驚くべきパワー

    5. もしも部下が発達障害だったら?

    6. 平成生まれと昭和生まれの意識調査、意外な結果に

    7. 信頼されている人は、この姿勢を忘れない

    8. お金が自然と増えていく「貯金体質」の身につけかた

    9. ヨーロッパで最も裕福な王族 トップ5

    10. 更年期だけじゃない。誰にでも起こるホットフラッシュの6つの原因

    彼らはどこで何をしてる? 外国人観光客目線で見るTOKYO

    FBからも最新情報をお届けします。