1. Home
  2. キャリア
  3. アメリカの女性たちをリードする85歳の現役。「RBG」って誰?

アメリカの女性たちをリードする85歳の現役。「RBG」って誰?

1,052

RBG1_640-1

『RBG』images courtesy of Magnolia Pictures

アメリカでは、ファーストネーム、ミドルネーム、ファミリーネームの3つのイニシャルだけで知られている著名人がいます。

その筆頭は、JFKで通じるジョン・フィッツジェラルド・ケネディ大統領。そして、FDR(フランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領)、LBJ(リンドン・ベインズ・ジョンソン大統領)、MLK(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)が挙げられます。

RBGは85歳の現役最高裁判所判事

Notorious RBGさん(@notoriousrbg)がシェアした投稿 -

そして、その仲間入りをしたのがRBGルース・ベイダー・ギンズバーグのことです。

Notorious RBGさん(@notoriousrbg)がシェアした投稿 -

ルース・ギンズバーグはアメリカ合衆国最高裁判所判事の9名のひとりで、85歳と最年長。現在3人いる女性判事の中でもっともベテランでもあります。

1993年、当時の大統領、ビル・クリントンが任命。この職務は終身制のため、85歳の今でもしっかりと現役です。

RBG4_640-1

『RBG』images courtesy of Magnolia Pictures

RBGがハーバード・ロー・スクールに入学した1956年当時、500人ほどの男子生徒に対して女子生徒は9人。彼女はそのひとりでした。以来、弁護士、法律学者、判事として、男女平等や女性の権利について長年闘ってきた人物です。

大評判のドキュメンタリー映画でその軌跡を追う

今、RBGがとくに話題になっているのは、この5月に彼女の軌跡を追ったドキュメンタリー映画『RBG』がアメリカで公開されたから。

予告編の冒頭から、RBG節が炸裂します。

私が女性だからといって手加減は不要です。男性諸君に言いたいのは、女性を虐げるのをやめてということ、それだけです。

『RBG』予告編より翻訳引用

これが、ルースの基本方針。

『RBG』は高い評価を受け、興行収入は100万ドルを突破しました。ドキュメンタリーでありながら競争の激しいシーズンに公開され、しかもアクション超大作にまじって100万ドルを超える興行収入をあげているのは特筆に値します。これは、RBGを支持する女性たちの熱意の表れと言えるでしょう!

RBG5_640

2度のガン克服後はワークアウトで鍛える

85歳とは思えない心身の充実ぶりは、日々のワークアウトで支えられています。

Bryant Johnsonさん(@bdyjustice)がシェアした投稿 -

1999年に大腸ガン、2009年には膵臓ガンの診断を受け、手術や化学療法などの治療を受けました。大腸ガンの手術後、体力づくりのためパーソナルトレーナーについて、ワークアウトをするようになったそうです。

Bryant Johnsonさん(@bdyjustice)がシェアした投稿 -

ギンズバーグ判事のトレーナー、ブライアント・ジョンソンさんがトレーニングを紹介した『RBG Workout』を2017年に出版。アマゾンでもベストセラーにランク入り。シンプルで自宅でもできそうなエクササイズ法が満載です。

人々のために走り続ける「悪名高きRBG」

Bryant Johnsonさん(@bdyjustice)がシェアした投稿 -

RBGは、ワークアウトをしながら報道番組を見るというマルチタスカーぶり。小柄な身体に並々ならぬパワーがみなぎっています。

そんなパワフルさで、裁判の判決でも鋭い意見を述べるギンズバーグ判事についたあだ名は「Notorious RBG (悪名高きRBG)」。彼女にぴったりのこの名前は、あっという間にインターネットで支持されました。

Notorious RBGさん(@notoriousrbg)がシェアした投稿 -

2015年には『Notorious RBG: The Life and Times of Ruth Bader Ginsburg』という本も出版されています。

法曹界で闘い続ける85歳の最高裁判所判事、RBG。アメリカの女性たちにインスピレーションを与え続けます。

RBG Movie, RBG Workout, Variety, PBS

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    3. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    8. リッチなアジア人増えてきた気がするけど、本当にそうなの?

    9. 嘘みたいに優秀!? 6人の賢者が教えるオイル美容のワザ

    10. 「いいね」「できる」で記憶は変わる。がんばりたくない人むけ自己改善法

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    アメリカの女性たちをリードする85歳の現役。「RBG」って誰?

    FBからも最新情報をお届けします。