1. Home
  2. キャリア
  3. What、So what、Now what

What、So what、Now what

Re:Study ー今、必要な学びー

2,296

Re_study_09_top

日々の仕事の中で学び、成長し続けるためには、「振り返り」を的確に行うことが必要です。

立教大学・経営学部教授の中原 淳先生は、著書『働く大人のための「学び」の教科書』で、「振り返りの原理」について述べています。

振り返りとは、「過去の自分の行動を見つめ直し、意味づけたうえで、未来に何をしなければならないのかを、自分の言葉で語れるようになること」です。

66ページより引用

子供が学ぶときは、学校で先生が指導をしてくれます。しかし、大人の学びは、何をしたいのかを能動的に決めなくてはなりません。そこで、次に学ぶべき方向性を定めるために、振り返ることが求められるのです。

学ぶための、3ステップ

振り返るための具体的な方法として、中原先生は3つのステップを挙げています。

振り返りは、 ① What?(過去に何が起こったのか?) ② So what?(どのような意味があったのか? 何がよくて何が悪かったのか?) ③ Now what?(これからどうするのか?) この3つの問いに対して、考えを巡らすことで深まっていきます。

67ページより引用

たとえば仕事でミスをしても、この3つのプロセスをきちんと行えば、「根本的な原因にたどりつき、今後のあり方を考えること」ができると中原先生は強調します。

ネガティブな経験も放置せず、その意味を探る

shutterstock_753634474

そうはいっても、忙しい日々の中で、振り返る時間を持つのはむずかしいかもしれません。とくに失敗については嫌な記憶もよみがえり、振り返ることでつらい気持ちになることもあるでしょう。

中原先生もその点に言及し、毎日振り返ることは求めていません。しかし、「経験は、そのまま放置しておいても、学びにはつながらない」と言います。

毎日ではなくてもよいので、日常の自分には何が起こって、それにはどんな意味があって、そのうえでこれから何を成していくかを、自分の頭で考える習慣をもちたいものです。

71ページより引用

振り返る時のコツは、「高見に立つ」こと。自分の状況を俯瞰して見ることで、「自分をコントロールし、正しく自らのキャリアを歩む」ことができるのだそうです。

客観的なフィードバックで、知らない自分に気づく

shutterstock_769321492

それでも、自分自身を振り返ることが難しければ、「第三者に自分を映し出す鏡」になってもらい、フィードバックをもらうことも有効だそうです。

仕事を通じて成長をしていくためには、「自分が、今、どのような状態で仕事をしているか」とか、「第三者から見て、自分が、どのような状況に見えるか」を客観的に指摘してもらい、自分を立て直す必要があるのです。

134ページより引用

フィードバックを求めるときには、ポジティブなこともネガティブなことも含め、具体的に情報を聞き出すことが大切です。とくに、「他人にはわかっているが、自分にはわかっていない」部分を引き出すことが重要なのだそう。

そして、フィードバックはそのままにせず、先に紹介した3つの段階を経てしっかりと振り返ることで、「これから何をすべきか」ということが明らかになっていきます。

自分を振り返るということは、痛みを伴うこともあるかもしれません。しかし、経験をそのまま放置しておけば、また同じ過ちを繰り返すことにもつながります。 少しずつでも振り返りの時間を持つことは、正しい学びを見極め、豊かな人生を送るための指針となるのです。

***

同書では、普段の仕事意外での学び方についても言及しています。将来のために勉強したいけれど何から学べばいいのかわからない、という人は、「他人から感謝されること」などをキーワードに考えるとよいそう。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

働く大人のための「学び」の教科書

著:中原 淳
出版社:かんき出版
定価:1620円(税込み)

働く大人のための「学び」の教科書]Image via Shutterstock

小口梨乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    What、So what、Now what

    FBからも最新情報をお届けします。