1. Home
  2. ライフスタイル
  3. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

5,138

5月19日の挙式後、ロイヤルライフをスタートさせたメーガン妃

6月14日にはハリー王子のいない初めての公務を務めました。しかも、「エリザベス女王に付き添う」という大事なものです。

王室専用列車でチェシャー州訪問

王室専用列車でエリザベス女王とともにイングランド北西部のチェシャー州へ。

GettyImages-974243688

マージー川に新しくかけられたマージー・ゲートウェイ・ブリッジの開通式に出席。この川の1000年の歴史を演じた子どもたちのダンスも鑑賞しました。

メーガン妃を優先させたエリザベス女王の気遣い

列車から降りてお迎えのベントレーに乗る際にメーガン妃は躊躇しました。そのとき「先にお乗りなさい」とエリザベス女王が声をかけたそうです。

正式にロイヤルファミリーとなって1か月あまりのメーガン妃、ロイヤルマナーはまだまだ勉強中。

でも、この日はおふたりとも心からの笑顔を見せていました。「The Sun」の記事ではボディランゲージ専門家の意見として、おふたりの様子には真の温かみと絆が見られたと紹介しています。

イヤリングにもエリザベス女王の気遣いが

実はこの公務の前に、エリザベス女王がメーガン妃にイヤリングを贈っていたそうです。それは、この日エリザベス女王が身につけたパールとダイヤモンドのイヤリングと、デザイン違いのものでした。

エリザベス女王の初夏を感じるグリーンのスタイルにも、オフホワイトと黒でシックなメーガン妃のいでたちにもしっくりくるアクセサリー。エリザベス女王の気遣いを感じるエピソードです。

「ロイヤルファミリー」の一員として

この公務の様子を見ても、メーガン妃がエリザベス女王に気に入られているという欧米メディアの意見が裏付けられたようです。

2018年4月、エリザベス女王は92歳に。6月10日に97歳になられた夫のフィリップ殿下はすでに公務から引退されています。ウィリアム王子、ハリー王子、キャサリン妃らへの世代交代が語られるなか、ロイヤルファミリーに加わったメーガン妃も重要な任務を担うひとりであることを印象づけた一日でした。

GettyImages-974127802

観衆がかかげる旗のなかにはアメリカ国旗もありました。メーガン妃はそれを見てほっとしたと同時に、新しい国で生きてゆく決意を新たにしたのではないでしょうか。

People, Daily Mail, The Sun]Image via Getty Images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    2. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    3. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    7. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    8. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    9. 人はなぜ学ぶ? 本当になりたい自分への第一歩

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    2. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    3. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    4. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    6. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    FBからも最新情報をお届けします。