1. Home
  2. ライフスタイル
  3. メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

5,208

5月19日の挙式後、ロイヤルライフをスタートさせたメーガン妃

6月14日にはハリー王子のいない初めての公務を務めました。しかも、「エリザベス女王に付き添う」という大事なものです。

王室専用列車でチェシャー州訪問

王室専用列車でエリザベス女王とともにイングランド北西部のチェシャー州へ。

GettyImages-974243688

マージー川に新しくかけられたマージー・ゲートウェイ・ブリッジの開通式に出席。この川の1000年の歴史を演じた子どもたちのダンスも鑑賞しました。

メーガン妃を優先させたエリザベス女王の気遣い

列車から降りてお迎えのベントレーに乗る際にメーガン妃は躊躇しました。そのとき「先にお乗りなさい」とエリザベス女王が声をかけたそうです。

正式にロイヤルファミリーとなって1か月あまりのメーガン妃、ロイヤルマナーはまだまだ勉強中。

でも、この日はおふたりとも心からの笑顔を見せていました。「The Sun」の記事ではボディランゲージ専門家の意見として、おふたりの様子には真の温かみと絆が見られたと紹介しています。

イヤリングにもエリザベス女王の気遣いが

実はこの公務の前に、エリザベス女王がメーガン妃にイヤリングを贈っていたそうです。それは、この日エリザベス女王が身につけたパールとダイヤモンドのイヤリングと、デザイン違いのものでした。

エリザベス女王の初夏を感じるグリーンのスタイルにも、オフホワイトと黒でシックなメーガン妃のいでたちにもしっくりくるアクセサリー。エリザベス女王の気遣いを感じるエピソードです。

「ロイヤルファミリー」の一員として

この公務の様子を見ても、メーガン妃がエリザベス女王に気に入られているという欧米メディアの意見が裏付けられたようです。

2018年4月、エリザベス女王は92歳に。6月10日に97歳になられた夫のフィリップ殿下はすでに公務から引退されています。ウィリアム王子、ハリー王子、キャサリン妃らへの世代交代が語られるなか、ロイヤルファミリーに加わったメーガン妃も重要な任務を担うひとりであることを印象づけた一日でした。

GettyImages-974127802

観衆がかかげる旗のなかにはアメリカ国旗もありました。メーガン妃はそれを見てほっとしたと同時に、新しい国で生きてゆく決意を新たにしたのではないでしょうか。

People, Daily Mail, The Sun]Image via Getty Images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    メーガン妃に対するエリザベス女王の気遣い、ほっこりする

    FBからも最新情報をお届けします。