1. Home
  2. キャリア
  3. 日常を精いっぱい生きるべし。西郷どんの遺訓

日常を精いっぱい生きるべし。西郷どんの遺訓

ビジネス格言

shutterstock_575243959

自分に打ち克つには、物事や事件にのぞむにあたって、その時になってから自分にうち克とうとしてもなかなかできるものではない。
普段からその心がけをもつことで、いざというときに自分自身の気持ち・意志の力をもって打ち克つことができるものなのである。
——西郷隆盛

現在放送中の大河ドラマ『西郷どん』の主役、西郷隆盛の遺訓から。幕末・明治維新の立役者、時代のリーダーとして日本人なら誰もが知る人物です。

西郷隆盛の遺訓の中には、自分に打ち克つ(自制する)こと、そして日常こそが本番であるという教えが何度も繰り返し出てきます。

不調なときは悲観せず、好調なときは気を引き締めて。どんなときも精いっぱい真剣に生きることこそが大切である、というのが激動の時代を駆け抜けた西郷隆盛らしいですね。

「今はまだ焦らなくても大丈夫。いつかそのときがきたら本気を出そう」と言っていると、天国の西郷どんから喝を入れられてしまうかも?

[西郷隆盛「現代語訳 西郷南州翁遺訓」歴史人物研究社]Image via Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    日常を精いっぱい生きるべし。西郷どんの遺訓

    FBからも最新情報をお届けします。