1. Home
  2. キャリア
  3. 副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

1,971

社会的な認知も進み、副業を解禁する企業も増えてきました。とはいえ、実際のところどうなのでしょう。

9割近くが興味あり。実際にしているのは3割

20180621_cafe_side_business_top

エン・ジャパン株式会社が、『エン転職』上の20~40代の正社員3110人を対象に実施した「副業についてのアンケート」結果によると、「副業に興味あり」と回答した人は実に88%! そのうち83%の人が「収入のため」を理由にあげています。

では、「副業経験がある」という人はどのくらいいるのでしょうか。アンケート結果によると副業経験のある人は32%。経験したことのある副業については「アルバイト(接客・販売・サービス系)」(59%)「アンケートモニター・ポイントサイト」(22%)、「ネットオークション・フリマサイト」(15%)となっています。

img_156700_4

副業というと、2つの仕事を掛け持ちしたり起業したりというイメージがありますが、思ったよりも身近なことで収入を得ているようです。

「副業に費やしていた時間(週あたり)」は、「5時間未満」が60%と一番多く、「副業で得ていた月の収入額」は、約半数が「10,000円〜50,000円未満」と、本来の仕事のすきま時間をうまく利用していることがわかります。

副業OKの企業は、思いのほか少ない

img_156700_8

一方、副業を認めている企業はどのくらいあるのでしょうか。「現在お勤めの会社では、副業は認められていますか」という問いに、「認められている」という回答は13%「禁止されている」が55%。半数以上の企業ではまだ認められていないようです。テレビや雑誌などで話題になっているほどには、まだ浸透していないというのが実際のところなのですね。

副業をするのに必要なスキルは?

では仮に、勤めている企業で可能になったら、あなたは副業を考えますか? その場合、どのようなスキルを身につけるとよいのでしょうか。

「副業を実現するために、必要だと思うスキル・能力」を経験者と未経験者それぞれに質問したところ、もっとも多かったのは「時間管理能力」(経験者:64%、未経験者:71%)。

たしかに本業との両立を考えれば、効率的な時間管理スキルは必須と言えそうです。面白いことに、副業経験の有無別でみると、経験者は「コミュニケーション能力」(同:38%、26%)を挙げた人が多いのに対し、未経験者は「専門的なスキル」(同:31%、36%)を挙げています。

副業を考える場合、つい専門的な知識がなければと思ってしまいがちですが、周りとスムーズに連携をし、本業に影響がでないようにマネジメントする能力のほうがずっと大事と言えそうです。

正社員3000名に聞く「副業」実態調査 ―エン・ジャパン『エン転職』―]Image via Shutterstock

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

    FBからも最新情報をお届けします。