1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 人気セラピストが教える「ストレスで傷ついた心の手当て」

人気セラピストが教える「ストレスで傷ついた心の手当て」

3,329

皆さんは、ストレスが溜まったとき、どのように対処していますか? お酒を飲んだり、美味しいものを食べたり、ちょっと贅沢な買い物をしてリフレッシュする方も多いでしょう。

もちろん、そういった趣味を楽しむのも充実した過ごし方ですが、もしそれが心の傷を見ないフリをするための“ごまかし”だったとしたらあまりよくありません

では、自分の内面と向き合って心をケアするにはどうすれば良いのでしょうか?

自分を否定する心の声に反論する

20180606_cafeglobe_stress_care_top

人間は、無意識のうちに頭の中で沢山の言葉を語っていると言われています。しかも、そのほとんどがネガティブな内容「もっとああすればよかった」「私のバカ」など、自分自身を必要以上に責めたてていませんか?

反省するのは良いことですが、あまりやりすぎては心が傷だらけになってしまいます。

そこでオススメしたいのが、以下の方法です。自分のことを責める声が聞こえたら、それに対して反論してみましょう。

自己否定に反論するエクササイズ

1. 自分に対する批判やネガティブな考えを、紙に書きだす

2. 1で書いた考えに対して、それとは違う可能性を紙に書いてみる(ひとつの批判に複数の反論を書いてもOK)。

3. 否定的な考えが頭に浮かぶたびに、2で書いた反論を頭の中で復唱する

ガイ・ウィンチ著『NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法』から引用

ニューヨークの人気セラピスト、ガイ・ウィンチ氏が勧める“心の手当て”です。

同著には“頭の中で復唱する”と書かれていますが、個人的には声に出して感情を込めながら反論するのがオススメです。家族や友人、恋人など“自分の好きな人”が責められているのを庇うようなイメージで行うと上手くいきます。

どうしても避けられない運命は受け入れる

“心のモヤモヤを紙に書く”というのは、あまりにも有名なストレス解消術です。紙に書くだけで、今自分が抱えている問題が可視化されてスッキリするものです。また、紙に書いてみることで、「意外と大したことない」と気づくことができるかもしれません。

20180606_cafeglobe_stress_care_2

ここではさらにそこから一歩進んで、紙に書き出した悩みを、変えられるものと変えられないものに分類し、別々のアプローチをとってみましょう。

まず、努力で変えられそうな悩みについては以下の手順で着手。

1. 事実の把握

2. 事実の分析

3. 決断——そして実行

デール・カーネギー著『新装版 道は開ける』

同著によると、一番大切なのは3つ目の“実行”です。何らかのアクションを起こさなければ、いくら事実を正確に把握して分析してもエネルギーの無駄になってしまうから。変えられる可能性がある問題については、悩み癖から脱出してすぐ行動に移すようにしましょう!

一方で、自分の力ではどうしても変えられないことも世の中にはあります。その場合は、潔く受け入れることも大切。同著では、“避けられない運命には調子を合わせる”ことを勧めています。

本書を執筆中、私は多くのアメリカ実業界の指導者にインタビューした。強く印象に残ったのは、彼らが避けようのないものは受け入れ、意外にも悩みとは無縁の人生を歩んでいることだった。そうでなかったら、彼らは緊張で参ってしまったはずだ。

デール・カーネギー著『新装版 道は開ける』

運命に降参して諦めるというとネガティブな印象を持たれる方もいるかもしれません。しかし、“もし人生にレモンを与えられたなら、それでレモネードを作ればいい”ということわざもあります。

運命を受け入れた後も、ポジティブな視点は失わないようにしましょう

楽しいことをして嫌なことから目をそらすのも大切ですが、たまには自分自身の心と真正面から向き合う時間もとってみませんか。

NYの人気セラピストが教える 自分で心を手当てする方法, 新装版 道は開ける

Image via Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    9. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    10. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    人気セラピストが教える「ストレスで傷ついた心の手当て」

    FBからも最新情報をお届けします。