1. Home
  2. キャリア
  3. もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

5,760

shutterstock_1090843295_3

今やネットさえあれば、学校に高い学費を払ったり時間を割くことなく、独学が可能な時代です。こつを知ればもっと効率的に独学ができるはず。独学上手な人々は、どのように勉強しているのでしょう?

目的により、情報源を変える

独学を始めるにあたってまず考えないといけないのが、何から情報を得るべきか、ということです。ネット全盛期の今、“紙離れ”が急速に進んでいると言われていますが、書籍や新聞は時代遅れなのでしょうか?

元NHK記者でジャーナリストの池上彰さんと作家の佐藤優さんの答えはNo。“独学のプロ”である二人によると、どの媒体が優れているという訳ではなく、目的別に使い分けることが必要なのだとか。

知るのは新聞、理解するのは書籍

対談形式の共著の中では、具体的な勉強の手順を紹介しています。

池上:はい。インプットの基本姿勢は長年変わっていません。まず新聞で日々のニュース全体を捉え、ニュースで気になるテーマがあれば、書籍で深堀りしていく。
(中略)
佐藤:私のスタンスも基本的には同じです。この本の大きなメッセージのひとつになりますが、世の中で起きていることを「知る」には新聞がベースになり、世の中で起きていることを「理解」するには書籍がベースになります。
池上彰・佐藤優著『僕らが毎日やっている最強の読み方―新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意』(東洋経済新報社)より引用

ちなみに、雑誌は“興味関心、視野を広げる”のに役立ち、ネットは“玉石混交の上級者向け”という評価がされています。

一番いけないのは、情報収集の手段が偏ること。複数の情報源を持つことでインプットの幅がグンと広がります。

shutterstock_1090843295_2

1分野の本を10冊一気読み

次に考えたいのは、どのように書籍を読むかということ。もちろん、好きな本を好きな順番で気が向いた時だけ読むのもよいですが、仕事に役立つ知識を短気集中で身につけたい時は、少し読み方を工夫してみましょう。独学だけで東大・ハーバード大に合格したという本山勝寛さんによると、同じ分野の本を10冊揃えて一気に読むのが効果的だそうです。

一つのテーマの本をいっきに10冊まとめ読みする独学法です。ポートフォリオ読学術とは真逆になりますが、一定期間、たとえば1か月や3か月くらいの期間であれば、一点に集中して読みまくるという方法が効果的です。
本山勝寛『最強の独学術: 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」』(大和書房)より引用

そして新しい分野を学び始める時は、あまり難しすぎない入門書から入るのも一つの手。同著では、『漫画でわかる○○』などの学習漫画も勧めています。漫画というと、つい敬遠しがちになりますが、わかりやすい漫画で構図を大まかに理解してから書籍を読み始めるほうが、たしかに効率がよさそうです。

ブログはアウトプットのツール

そして、学ぶ際にとても大切なのがアウトプット。とくに独学をしているとどうしてもインプットばかりに偏りがちですが、学んだことを外に出すことで知識が定着します。問題集などがあればそれを解くのもひとつの方法ですが、ブログを書くのも良いでしょう。

本がインプットのツールであるなら、ブログはアウトプットのツールです。(中略)そこに書評や自分の学びに関する考えなどを文章にして載せることで、自分自身の考えや主張を、他人が理解しやすいように論理的に整理する絶好の機会になります。
本山勝寛『最強の独学術: 自力であらゆる目標を達成する「勝利のバイブル」』(大和書房)より引用

ブログなら無料ですぐにスタートでき、読んだ本の感想やまとめを書いて、それに対するコメントをもらったり後から自分で読み直すことでより理解が深まります。ひとりぼっちで勉強するのは続かないことも多いですが、ブログでアウトプットして反応をもらえたらモチベーションも持続できそう!

独学というと強い意志がないと続かないイメージがありますが、ツールを使い分けると以前よりもずっと効率的にできるはずです。

『僕らが毎日やっている最強の読み方』, 『最強の独学術』]Image via Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    2. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 人間の尊厳を守る仕事をしたい/ソーシャルピーアール・パートナーズ 代表取締役 若林直子さん

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    6. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    7. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    8. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    8. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    もっと早く知っておきたかった「独学」のこつ

    FBからも最新情報をお届けします。