1. Home
  2. キャリア
  3. かなり親密な上司と部下。裏で何を話しているのか不安です

かなり親密な上司と部下。裏で何を話しているのか不安です

The New York Times

ニューヨーク・タイムズの人気コーナーThe Workologist。働く人の悩みにズバリ答えます!

nyt_boss

Maria Nguyen/The New York Times

Q:自分の上司と部下がかなり親密で、裏で何を話しているのか不安になります。どうすれば?

私は最近、IT系のスタートアップ企業(社員約70人)にマネジメント職で入社したのですが、私の上司が私の部下の一人と毎日、朝と夕方に散歩をするのです。自分の直属の部下が自分の上司と親しくしていると、不安になります。特にその部下がおしゃべりでうわさ話が好きだからです。彼に対して正直な評価をすることも躊躇してしまいます。

2人が私の知らないところでいろいろな話をしているのではと心配にもなります。おそらく彼らは私のことも話しているのでしょう。少しいらだってしまうのは仕方がないのでしょうか? どう対処すればいいですか? (匿名)

A:悪い想像を広げないこと

毎日一緒に散歩するなんて、厄介で、ちょっと奇妙ですね。しかも1日に2回も! でもあなたがまずすべきは、悪い想像をして必要以上に大きな問題にしないようにすることです。

2人の関係が実際どんなものでも、あなたがそれを変えるのは難しそうです。あなたはその状況の中でどうマネジメントをするかを考え出さなくてはいけません。おしゃべりな部下の前では発言に注意したほうが賢明でしょうが、それは短期的な解決策にすぎません。

周囲にさりげなく聞いてみる

次にすべきは、心を乱すような憶測をすることをやめ、事実を把握することです。同僚や別のマネージャーに聞いてみるのもいいでしょう。ただやりすぎには注意。被害妄想的に調べ回っていると周囲に思われたくないですからね。

しかし、2人の行動に気づいているのはあなただけではないはず。「彼らは親しいようですね。古くからの知り合いなんですか? 」などと、差し障りのない質問を信頼できる人にしてみると基本的なことはわかるでしょう。

その後、その上司と単刀直入にちょっとした話をするといいでしょう。動揺したり非難したりせずに、「どんなお話をしているんですか? 」とざっくばらんに尋ねましょう

懸念するのはマネージャーとして当然

あなたが気にしてしまうのはプロフェッショナルとして当然のことです。あなたは新しく入った会社の人間関係を学んでいるマネージャーなのですから。自由に質問して役に立つ答えが返ってくるのを期待しましょう。もしかしたらあなたの上司と部下は仕事の話は全くしておらず、共通の関心事について話をしているだけかもしれません。

理想は、あなたの上司がこの状況があなたを悩ませていることに気づき、あなたを安心させてくれることです。でもそうならなくても、あなたは不安から抜け出したいですよね。

例えば部下との間で仕事の成果に関わる具体的な問題が起きたら、2人の関係がどんなものでも、あなたは目の前の仕事からそれることなく論理的な主張ができるようにしておくといいでしょう。

©2018 The New York Times News Service[原文:When a Subordinate Is Friends With the Boss/執筆:Rob Walker](翻訳:Masako. M)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    かなり親密な上司と部下。裏で何を話しているのか不安です

    FBからも最新情報をお届けします。