1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 迷子になって楽しむ。チームラボが創る境界のない世界

迷子になって楽しむ。チームラボが創る境界のない世界

1,413

国内外で活躍するウルトラテクノロジスト集団「teamLab」が森ビルとタッグを組み、2018年6月21日、東京初の常設展示であり、フラッグシップ施設となるデジタルアートミュージアム「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」をオープン。施設面積10,000㎡という巨大空間に、世界初公開作品を含む約50作品が展示されます。

20180615_teamlab_1

その面白さと、アートや新施設に対するteamLabの思いを伺いました。

まずは美しい作品の数々をご紹介

ランプの近くでじっとしていると、もっとも近いランプが輝き、音色を響かせ、さらにはほかのランプが共鳴していく「ランプの森」や、花々が美しく流れゆく滝を表現した作品。

20180615_teamlab_2

また、「光の3Dボルダリング」といった身体を使うスペース、食文化を結びつけた「EN TEA HOUSE」なども。

teamLabらしい、魂ごと揺さぶられたかのように感じられる作品ばかりです。

境界がない、ということ

同施設の特徴は、施設名にもなっている「Borderless(境界がない)」。どんな点で境界がないかというと、展示作品の作品同士に境界がありません。それどころか、作品は自ら展示室を出て通路を移動し、他の作品とコミュニケーションをとり、時に作品同士が融合します。

これぞ、まさにデジタルだからこそ可能になったアートと言えますし、これぞ、まさにteamLabの目指すところでもあります。

20180615_teamlab_3

「僕らは2001年の創設以来、サイエンス・テクノロジー・デザイン・アート境界を曖昧にしながら制作活動を行ってきました。ヒトは脳内で考えごとをします。この考えや概念というのは、脳内にある他の考えと境界を持って個々に存在しているわけではなく、それぞれの境界は曖昧。ゆえに互いに影響を受け合い、混ざり合っているのです。これをアートとして表面化させる場合、作品という物質に媒介させて表現することになるわけですが、僕らは、そもそもこの物質こそが境界を作っているのでは、と考えました」(teamLab)

20180615_teamlab_4

そこで表現手段として用いるのがデジタルテクノロジー。これにより、境界を持った物質を媒介させる必要がなくなります。こうして作品は、前述のようにそれ自体が独立して動き、混じり合うように。それはまるで、境界のない1つの世界のよう。

鑑賞者が作品に溶け込んでゆく

デジタルアートの出現は、作品と鑑賞者の関係性をも一変させました。これまで鑑賞者は作品を観るだけの立場でしたが、teamLabの世界の中では、鑑賞者がいることで作品が変化していくのです。このように鑑賞者が作品に溶け込んでゆく様子も、Borderless。

「本来、作品とは作家の想いを凝縮させたモノですが、デジタルアートは物体を必要としていないため、作家の想いを『鑑賞者の体験そのもの』に直接凝縮させていくことができるのではないか、と思っています」(teamLab)

作品と鑑賞者がインタラクティブに結びつき、作家の想いを体感できるようになっています。

20180615_teamlab_5

そして鑑賞者は1人より2人、2人より3人と、人数が増えるほどに作品は美しく変化していきます。なるべく静かで人が少ない方が作品世界に没入しやすかったこれまでのアートと異なり、他者の存在をポジティブに捉えられるのも、彼らの作品の特徴でしょう。

集団的創造から生まれた結晶

2013年の「シンガポールビエンナーレ」をきっかけに注目を集めてから、その活躍目覚ましいteamLab。次々に展覧会を開催し、ついにはフラッグシップ施設の創設まで。これだけの活動を可能にしているのは、「チーム」でのものづくりです。

20180615_teamlab_6

「わたしたちは、技術者だけがテクノロジストだとは思いません。知識労働と肉体労働をする、知識労働者のこと。つまり、高度な専門知識を持って、手を動かし、知を発見する人という意味でテクノロジストという語を使っています。専門的知を持ち、手を動かすチームによって、実際に作りながら考えていくというプロセスで作品を作っています。大きなコンセプトは必ずあるものの、そのゴールは不明確なまま、作りながら考え、チームで共有し、発展させていくんです」(teamLab)

「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」は、この集団的創造から生まれた結晶ともいうべき施設。

20180615_teamlab_7

「ここにある作品たちは自ら動きます。よって、すべての作品を観ることはできないかもしれません。世界のどこかを観ているということは、何かを観られないということでもあるのです。この世界のなかで、迷子になって、いま、この瞬間を楽しんでいただきたいです。そして、それらをとおし、境界がない世界の美しさを発見していただけたなら、とても嬉しいです」(teamLab)

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

住所:東京都江東区青海1-3-8 お台場パレットタウン / オープン日:2018年6月21日(木) / 開館時間:11:00(土日祝10:00)〜19:00(金土・祝前〜21:00)※最終入館は閉館の1時間前。営業時間はシーズンによって異なる。2018年8月31日(金)までは特別延長時間あり。詳細はHP参照 / 休館日:第2・4火料金:大人3,200円(税込)※2018年7月31日(火)までオープン記念チケット(大人2,400円・税込)を販売中

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    迷子になって楽しむ。チームラボが創る境界のない世界

    FBからも最新情報をお届けします。