1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 鏡を見て「ん?」となったら思い出したい大女優の言葉 #column

鏡を見て「ん?」となったら思い出したい大女優の言葉 #column

Choose Your Beauty —美しいは自分が決める—

1,088

1807_beauty_word1

心の美しい人は、真実、その顔も美しい。心貧しければ、その貧しさを、心おごれば、そのおごりを、鏡は容赦なく映しだす。
人生の荒波にもまれ、試練に耐えてなお、心美しい清々となった人、美しい心を持ち続けた人は、鏡に映ったその顔もまた美しい。白髪がはえても歯がぬけ落ちても、その美しさはだれにも及ばぬ気品と人間性に凛然として輝くものだ。

——高峰秀子

昭和を代表する名女優でありエッセイストでもあった、故・高峰秀子さんの著書『コットンが好き』からの、“美についての格言”です。

一家の大黒柱として、5歳の頃から女優の仕事をしてきた高峰さんは、30歳の時に脚本家の松山善三さんと結婚。女優の仕事は“あくまで家計を助けるため”であり、じつは目立つことが大嫌いだったと著書の中で語っています。その後は86歳で亡くなるまで、読書や家事、執筆を楽しみつつ幸せな家庭を守り続けたそうです。

「年齢を重ねるほど、生き方が顔に出る」と言います。“顔立ち”を変えるのは難しいですが、“顔つき”は心の持ちようによって、わりと短期間でもガラリと変わります

ふと鏡を見て「ん?」と思ったら、高峰さんの言葉を思い出すとよいですね。

[高峰秀子『コットンが好き』(文春文庫)]Image via Getty Images

*こちらもおすすめ

ひとり時間につい覗いちゃう。大先輩、黒柳徹子さんのインスタグラム

黒柳徹子さんが9月23日から始めたインスタグラム。10月初めにはフォロワー数が16万人を超えるほどの人気。スタイルや食事などトットちゃんの世界が広が...

https://www.cafeglobe.com/2016/10/057702tetsuko.html

素敵に歳を重ねている女性がやっている5つのこと

心身ともに変化の多いアラフォー世代には、エイジング対策は無視できないトピックです。女性なら誰もが美しく年を重ねたいと思うものですよね。海外サイト「H...

https://www.cafeglobe.com/2015/08/048276five_tips.html

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    鏡を見て「ん?」となったら思い出したい大女優の言葉 #column

    FBからも最新情報をお届けします。