1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 「良い上司」は機嫌がいい。だからチームがうまくいく

「良い上司」は機嫌がいい。だからチームがうまくいく

仕事の本棚

1,815

どんなに優秀で強いビジネスパーソンでも、たとえば疲れて帰ってきたとき、仕事で失敗してしまったとき。自分を支え、励まし、ときには軌道修正してくれる言葉が欲しくなるものです。

伊藤守著『いまここから始めよう』より、客観的に自分を見つめつつも、ダイレクトに心に染みる言葉の数々をご紹介します。

いまここから始めよう-1

他人から「無力感」を与えられていない?

多くの場合、問題は、
人があなたの価値を
認めてくれないことにあるのではなく、
あなたの自分自身に対する評価が
低すぎるところにあります。
低く評価しちゃう癖は、
どこで身につけちゃったんでしょうね。
014〜015ページより引用

本書は1993年からの数年間、著者が著してきたいくつかの本の中から厳選・加筆、再編された一冊になります。

著者は、日本人として初めて国際コーチ連盟(ICF)からマスター認定を受けた、日本のコーチング界における、いわば草分け的存在。コーチングを日本に紹介し、1997年には日本で最初のコーチ養成プログラムをスタート。やがて、2001年に会社を設立し、約26か国1700社を超えるリーダー開発や組織風土改革に携わってきました。

その著者は、自己評価の低さに着眼点を置いた文章を記しています。

会社組織などにおいて、自分の頑張りが正当に評価されないという事象は、よくある話です。どんなに立派なキャリアを積んできても、その努力が100%形になるということはそうはない。しかし、私たちはもしかすると、成果物の評価そのものよりも、自分自身に対する評価が人一倍低いのかもしれません。

世代的に見ても、真面目でストイックに頑張りがちな40代。問題は、どこかで誰かに「無力感」を持たされてしまっているところにあるのではと、著者は言葉を続けます。

忘れてはいけないのは、私たちの周りには、他に「無力感」を与えることで自分の権力を維持しているタイプの人間がいるということ。自分でおかした失敗そのものではなく、誰かに持たされてしまったいわれのない「無力感」には要注意です。

コミュニケーションは、スパークしてこそ!

GettyImages-79554112

コミュニケーションの主体は、
話している側にあると
思われていますが、
コミュニケーションの主体は
聞き手の側にあります。
たとえ何を言ったとしても、
相手が受け取らなければ、
それまでなんですから。
それとね、
相手が受け取ったことが、
あなたの伝えたかったことなんです。
046〜047ページより引用

著者は、人と人との関係やコミュニケーションに関わるテーマを中心に、経営陣から一般の若い人に向けて幅広く活動してきたといいます。

「コミュニケーションをとる」ことこそが管理職として大事な行動であると、第一に教えられてきた私たちですが、その主体は聞き手にあると著者は語ります。

自分が思ったこと、してほしいことを伝える手段としてのコミュニケーション。そう思われていた時代もあったようですが、そうでもないようです。

人は誰かの話を聞きながらも、自分なりの解釈や意味づけを頭の中でしつつ、実は聞きたいように聞いているものです。ゆえにコミュニケーションを交わしたら、当然そこには双方の誤解と衝突が起こり得ます。しかしビジネスにおいては、ときにその誤解や衝突を「まあまあ」と大人の対応でいなすこともあるものです。

しかし、それではイノベーションは起こらず、新しい意味も解釈も生まれないのだとか。コミュニケーションを通じて生まれる問題の本質は、誤解や衝突との正しいつきあい方を誰も知らないというところにあるようです。

意見がぶつかり、スパークしてこそ違いがはっきりする。恐れずに、その違いを知ろうとすることこそが、コミュニケーションをとる醍醐味であるといえそうです。

「ご機嫌でいる」ことは最大の貢献

GettyImages-700722385

日々ごきげんで暮らしている人の前では、
業績とか財産とか知識とか、

これまで自分がすがってきたものが、
ほんとうに色褪せて感じられるものです。
ごきげんな人は、
いつも面白いことを探している。
そっちに向けてキョロキョロしているわけです。
それに、
ごきげんな人の頭の中では、
いつもごきげんなBGMが鳴っている。
126〜127ページより引用

体調が悪い、天気が悪い……。人は不機嫌になろうとする理由を、いくらでも見つけることができます。逆に、いつも機嫌よくしているということは、至難の技のように感じてしまいます。

自分が機嫌よくしていることこそが、周りの人にできる最大の貢献であると著者はいいきります。たとえば、「こんなに頑張っているのに誰からも褒められない」という事象が起きたとき、客観的に振り返ると、はたから見て声をかけてもらえる余地がなかったのかもしれません。逆の立場になって考えたら、どんなに業績を上げていても機嫌が悪そうな人に対して、気軽に褒めるといった行動は、何だかハードルが高いものです。

そうはいっても、立場があるいい大人が、終始ご機嫌でいるということは、周りに示す威厳としていかがなものかという戸惑いを感じてしまったり。いつもご機嫌でいたら部下に馬鹿にされるのではないかという懸念も抱くところです。

しかし著者曰く、不機嫌でいるよりもそのほうがずっといいのだとか。ご機嫌な人は、いつでも目の前にあることに対して、楽しむ準備ができていて。逆に、不機嫌な人は、今ここにはない楽しいことを探しているから機嫌が悪い。

今あるものに対して、喜びや楽しみを見出していく視野の広さ。それこそが、常に大人がご機嫌で生きていくコツなのかもしれません。

いまここから始めよう


著者:伊藤守
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,200円(税別)

*こちらもおすすめ

夢をかなえる人に共通する、シンプルな心の持ち方

いくつになっても、輝く夢を持ち続け、願わくばひとつでもかなえていきたいもの。恐れずに一歩を踏み出していくために必要な心の持ち方を、ジム・ドノヴァン著...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/book_dream.html

仕事がぐんぐんうまくいく。最強の優先順位

優先順位を適切につけていくためのノウハウや、さまざまなルールづくり、下準備のコツについて美崎栄一郎著『スピードと成果が劇的に上がる戦略 最強の優先順...

https://www.cafeglobe.com/2018/03/book-13.html

Image via Getty Images

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 収入アップを狙うなら、3つの見地から考えよう

    6. 長子はIQが高い? きょうだいの生まれ順が、あなたの性格に与える影響

    7. これから訪れる人生の危機を予習できるアラフォー必読小説

    8. 上司より先に帰りづらい問題。若手社員が先輩に提案するのは「ポジティブな帰り方」

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 博学多才タイプ

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. 博学多才タイプ

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    「良い上司」は機嫌がいい。だからチームがうまくいく

    FBからも最新情報をお届けします。