1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 夏の不快は欧米でも一緒。海外のビューティー事情

夏の不快は欧米でも一緒。海外のビューティー事情

Choose Your Beauty —美しいは自分が決める—

1807_beauty_top2

危険なほど暑い今年の夏。上昇続ける不快指数に美容の大敵であるストレスは溜まるばかりです。

そこで海外の働く女性が愛用する、エフォートレスに夏を快適に過ごす海外コスメを紹介します。

熱帯夜の翌朝はドライシャンプーがいい

Avedaさん(@aveda)がシェアした投稿 -

海外では、よく使われているドライシャンプー。2日に1回など、毎日髪を洗う習慣がない人も多いため、愛用する人が多いようです。

日本なら熱帯夜の翌朝など、汗びっしょりでシャンプーしたいけれど時間がない……、そんな忙しい朝に活用できそう。

また、かきあげスタイルをさらにふんわりさせたい時に、スタイリング剤としても優秀

アヴェダ シャンピュア ドライシャンプー(31USD)は、日本未発売なのでアメリカへ出張の際にぜひ入手してみて。

コスメブランドのデオドラントスティック

クリニークさん(@cliniquejp)がシェアした投稿 -

欧米の女性はデオドラントに敏感。香水にこだわるように、バスルームに何種類もデオドラント製品が並んでいます。

主流は効果の高いロールオンのスティックタイプです。

ドラッグストアの製品にないラグジュアリー感が魅力なコスメブランドのデオドラント。

香水を引き立たせるために無香料でも良いし、海外ではハイブランドの香水と同シリーズのデオドラントスティックも入手できて、こちらもおすすめ。

写真は、クリニーク アンティ パースパイラント デオドラント ロールオン 2,160円(税込)。

日本未上陸、グロッシアーのアイテム

20180724_cosmesummer_1-1

ニューヨーク発の美容サイト「Into the Gloss」の創始者、エミリー・ワイスが立ち上げた大人気のオンライン・ブランド「Glossier(グロッシアー)」。

ローキーなデザインは、ポーチに入れておくだけでも気分をあげてくれる存在です。

絵の具のように指で頰にのせる「cloud paint(クラウド・ペイント)」や、ノーメイクの時より眉の存在を引き立ててくれる「Boy Blow(ボーイ・ブロー)」など機能性も魅力。

素肌を活かしてライトに楽しみたい、夏のミニマムメイクの味方です。

20180724_cosmesummer_2-1

現時点では日本への発送をしていませんが、それも希少価値を高めます。出張の際は、ニューヨークか、オープンしたばかりのロサンゼルスのショールームへ立ち寄りたい!

サテンオイルで華やかな夜を

diptyqueさん(@diptyque)がシェアした投稿 -

海外のシックなホテルに足を踏み入れた時のような感覚を呼び起こす、独特な香りのキャンドルが世界中の感度の高い女性たちに人気のディプティック

写真は、ディプティック アールデュソワン サテンオイル 7,236円(税込)。

そのサテンオイルを素脚に塗れば、華やかな香りと光沢を演出して途端にオフモードに。会社帰りにディナーの予定がある日などに活用したいですね。

せっかくの夏。機能的なうえ、気分を高めてくれる海外コスメを取り入れて、涼しく美しく過ごしたいです。

AVEDA , CLINIQUE , Glossier , diptyque

*こちらもおすすめ

夏のメイク崩れをふせぐ、4つの簡単テク

メイク崩れが気になる夏。ひとりひとりの骨格と筋肉に合わせたメイクを提案する「MAMEW骨筋メイク®公認アドバイザー」であるライターが、夏のメイク崩れ...

https://www.cafeglobe.com/2017/07/063662makeup.html

スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

スニーカー通勤シーンのあった映画『ワーキング・ガール』をふりかえりつつ、アメリカの通勤靴事情を紹介。いまではグッチやルイ・ヴィトンなどハイブランドも...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/sneaker.html

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. メンターと呼べる存在、いる? NOなら、ここで出会えるかも

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    夏の不快は欧米でも一緒。海外のビューティー事情

    FBからも最新情報をお届けします。