1. Home
  2. キャリア
  3. グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

6,860

GettyImages-152807961

グーグル、アップル、アマゾンなどといったグローバルな有名企業の動向は、いつだって世界中のビジネスパーソンの注目の的。世の中をガラッと変えるようなイノベーションを生み出しているだけあって、社内規則や採用プロセスも独特です。

今回ご紹介するのは、かつてグーグルの面接で採用されていた超難問。あまりにも奇抜すぎて、現在は廃止されたそうですが……。皆さんは答えられますか?

そもそも◯◯って、どういう意味?

「データベース」を、8歳の甥に3つのセンテンスで説明してください。
「Business Insider Japan」より引用

まずは、比較的簡単(?)な質問から。普段何気なく使っている単語について、小さな子どもから「そもそも○○って何? どういう意味?」と尋ねられて言葉に詰まった経験がある人は多いのではないでしょうか。

その対象を理解していなければ、かみ砕いて説明するのは難しいもの。理解力と伝える力の両方が求められます。

回答例としては、「データベースは、たくさんの事についてのたくさんの情報を覚える機械だよ。その情報を思い出したいときに、それを使うんだ。じゃ、外で遊んでおいで」などが挙げられています。

ちなみに、テスラのイーロン・マスクCEOも、生産性を上げるためにも専門用語を使わないよう社員にアドバイスをしているそうです。

スケールがでかすぎる質問!

サンフランシスコ市の避難計画を考えてください。
「Business Insider Japan」より引用

これは、回答者がどのようにして問題に取り組むのかを見るための質問です。グーグルの面接の質問で目立つのが、“全米”や“○○市”などスケールが大きなもの。どうやら、複雑だったり規模が大きい物・事を、瞬時に頭の中で単純化する能力が問われているようです。

これに対する候補者の反応としては、「どんな種類の災害を想定すればいいですか?」などの質問返しが考えられます。

重要なのは、正しい答えじゃない

ピアノ調律師は世界中に何人いる?
「Business Insider Japan」より引用

こちらは、有名な“フェルミ推定”の質問です。フェルミ推定とは、実際に正確な数値を把握するのが難しいことについて、いくつかの手がかりを元に、論理的に推論して短時間で概算すること。グーグルの面接で広く知られるようになりました。

これに対する回答例は、世界のピアノ販売数から逆算するというもの。もしピアノの調律が週1回必要で、調律にかかる時間が1時間、調律師が1日8時間週5日勤務だとすると、週に調律可能なピアノは40台。ピアノ40台につき、調律師1人が対応していることになります。

アマゾンの面接でもそうですが、重要なのは“100%正しい答え”ではなく、“考える力”であるようです。

当たり前すぎて、盲点だった……

マンホールのふたは、なぜ丸い?
「Business Insider Japan」より引用

「えっ、そんなこと考えたこともなかった……」と多くの大人がフリーズしてしまう、この問題。身の回りに当たり前のようにある物や現象について、常に疑問を持って注意深く観察しているのかが問われているそうです。

回答例は、“角のある四角形や三角形に比べて、丸だとどの角度からはめても落ちにくいから”“丸いと転がせるので、運びやすいから”などが考えられます。

純粋で好奇心旺盛、既存の枠組みにとらわれないのが、子どもの感性。グーグルでもそんな人材こそがイノベーションを起こすと期待されているのかもしれません。他の問題もチャレンジしてみて!

Business Insider Japan

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 博学多才タイプ

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    グーグル面接の奇抜すぎる過去問題、解ける?

    FBからも最新情報をお届けします。