1. Home
  2. コミュニケーション
  3. クチは災いのもと。職場のゴシップとのつきあい方

クチは災いのもと。職場のゴシップとのつきあい方

The New York Times

ニューヨーク・タイムズの人気コーナーThe Workologist。働く人の悩みにズバリ答えます!

nyt_gossip

Maria Nguyen/The New York Times

このところThe Workologistのコーナーで、職場のおしゃべりで注意したいことについて読者の意見を募集していますよね。そこで、わたしが決めているマイルールを聞いてください。

1. 自分については、職場の誰に知られてもかまわないことしか話さない。
2. 他人については、その人に直接言えることしか話さない。
3. 話してよいか迷ったら、口にしない。
(シンシナティのJ.C.より)

今回、読者からたくさん参考になる意見をいただきましたが、議論の出発点としてまず、上記のルールを取り上げたいと思います。職場のゴシップは、「誰の何」についてだけでなく「自分の何」を「誰に」話すかにもかかわるからです。

悪気はなくても、軽率なおしゃべりはNG

そもそもの発端は、数週間前に当コーナーに寄せられた投稿でした。「同僚の旅行の予定を雑談中にうっかり話してしまったせいで、その同僚の立場を危うくしてしまった」と心配する読者から相談がありました。悪気がなかった相談者に私は同情したのですが、意外にも「トラブルの原因は軽率な相談者にある」という反対意見の読者も複数いました。

仕事と無関係のおしゃべりは職場につきもの。無難な対応を読者に訊いたところ、大きな反響がありました。ゴシップとの付き合い方について寄せられた意見を以下にまとめました。

自分について

1807_nyt_1

Image via Gettyimages

他の人に伝わって困ることは言わない

陰で何を話されているか、他人の何を話題にしてもよいかを心配する前に、自分の習慣を振り返りましょう。職業指導を専門とするボストンのコンサルティング会社、ポジティブ・ワークプレイス・パートナーズのスーザン・ペッパーコーンさんは、こうアドバイスをします。

「あまりにも個人的な話は避けて。仕事上の間柄なら、他の人に伝わって困ることは言わない、と肝に銘じること」

人は社会的なつながりを求める習性がある上、職場で長い時間を過ごします。そのため、個人的なことに立ち入らないようにするのは難しいこともある、とペッパーコーンさんは言います。でも、どのような付き合い方がふさわしいかを考えて。

個人的な話には立ち入らず、ほどほどの距離を保つ

「親しい同僚がいる人の方が、生産性や仕事の満足度が高いという報告があります。とはいえ、何でもかんでも同僚に話す必要はありません

別の読者からは、「ソーシャルメディア時代の今、個人的な事柄を広く伝えることを奨励する風潮がある」という指摘もありました。しかし、職場では注意が必要だとペッパーコーンさんは言います。実際、職場はプライバシー設定がない社会的なネットワークだからです。

誰がゴシップ好きか把握しておきましょう。口が堅いと信用できる人にしか、情報は提供しないで」

他人について

1807_nyt_2

Image via Gettyimages

たとえ自分が私生活について触れなくても、私的なことを何でも話してしまう同僚がいたら? その場にいない人について話すとき、普通の会話と無分別な噂話の境目はどこにあるのでしょう?

マサチューセッツ州ウェイバンでビジネス・コミュニケーションの指導にあたっているルース・ルヴィン・アーノルドさんからのアドバイスは、「給湯室でのおしゃべりは、天気かスポーツ、娯楽、音楽などの分野に限る」。事実や試合のスコアは無難だからだそう。

些細な事でも、ゴシップが思わぬトラブルを招くこともある

ゴシップとは、その場にいない人の個人的な事柄を許可なく話すこと」と、アーノルドさんは説明します。旅行の計画など、些細に思える事でさえ、それが人から人に伝わるうちに困った状況を招く場合もあります。「伝言ゲームのように、情報は簡単に歪曲されてしまうから」とアーノルドさんは言います。

ニュージャージー州メープルウッド在住の読者、W.D.さんは「他人のことは、勝手に話さない方がいい」と言います。「本人が話したかったら話すだろうから、基本的に自分からは口にしないことにしている。例えば、誰かに『アナは何系アメリカ人なのかしら?』と訊かれた場合、その答えを知っていたとしても『本人に訊いてみて』と返すようにしている」

どちらかといえば慎重になり過ぎる方がいい、と言う読者もいました。

「噂好き」ということで評価されることはないけれど、『信用できる人』は必ず評価される

誰が聞いているかを意識する

職場のおしゃべりに関して、聞き手に注目する読者もいました。

同僚の新しい趣味や家庭の事情は周知のことだと思っても、管理職のいるところでは軽々しく口にしてはいけない、とブルックリン在住の読者、バート・ブルームさんは言います。

「どんなに和気あいあいとした雰囲気でも、管理職が同席していたら個人的な話は避けるべき」。

自分のあずかり知らない事情があることも

マネージャーはずる賢くて信用できない、と言うつもりはありません。ただ、自分が関知しない問題や意図が存在する場合もあります。誰の耳に入る可能性があるかを考えて、話す内容に注意しましょう。

ペンシルバニア州コバーン在住の読者、サリー・ミルズさんは職場のおしゃべりに加わると言いますが、話題には気を付けるそう。

「人の噂以外にも話すことは色々あるし、誰かの話を聞いても、それを別の人には言わない。口の堅さには定評があるから、かえって興味をそそられる話をされることが多いの!」

© 2018 New York Times News Service [原文:How to Separate Harmless Work ChatterGossip from Gossip/執筆:Rob Walker] (翻訳:Ikuyo.W)


しまった! 同僚の「仮病」を職場でバラしてしまったら

同僚とのちょっとしたおしゃべりの内容を別の社員に話をしたら、思いがけずその同僚の「仮病」をバラす結果に。幹部からおしゃべりの内容を報告するよう言われ...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/nyt_colleague_trouble.html

かなり親密な上司と部下。裏で何を話しているのか不安です

自分の上司と部下がとても親密で、毎日一緒に散歩に出かける仲。うわさ話が好きなその部下が上司とどんな話をしているのか不安で、評価もしにくい。どうすれば...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/subordinate_boss.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    2. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    3. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    7. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    8. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    9. 人はなぜ学ぶ? 本当になりたい自分への第一歩

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    2. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    3. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    4. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    6. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    クチは災いのもと。職場のゴシップとのつきあい方

    FBからも最新情報をお届けします。