1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 秋を美髪で迎えるために、今できること

秋を美髪で迎えるために、今できること

1,042

shutterstock_593015027

ドライヤーをかけるたびに、抜け毛、気になります。

コシのある、強くて綺麗な髪の毛を取り戻したい!

……ですよね? みなさん。

夏にがんばらないと、秋の抜け毛がひどくなる

まず、心得ておきたいのがこちら。

夏の強烈な紫外線を浴びると頭皮が老化し、今生えている髪の毛だけではなく、秋に向けて生えてくる髪の毛にもダメージがきます。

『育毛のプロが教える 髪が増える髪が太くなるすごい方法』(アスコム刊)では、次のように説明しています。

顔や腕は太陽が低い位置のときに当たる面積が大きくなるため、春先や秋口にもケアすることが大事ですが、頭皮の場合はやはりとくに夏の紫外線に気をつけましょう。夏の紫外線が原因で、秋口の抜け毛は通常の2倍になるといわれています。
115ページより引用

顔や腕にはせっせと日焼け止めを塗るのに、頭は無防備のまんま。

まずは、この夏から気合を入れて紫外線から頭皮を守る対策を。

具体的には、「紫外線を防ぐには、帽子をかぶる、日傘をさすのが有効」だそう。

それだけでも、秋からの抜け毛の量が変わってきます。

shutterstock_308729222

ムニュ〜ンと持ち上げて、きもちいい

おでこ周りや、頭頂部が薄毛になってきた?

それらは、眼精疲労やストレスが原因であることも。

頭皮が固くなると血流が悪くなり、髪の毛に栄養がまわらなくなると言われています。

それには、頭頂部をほぐす適切なマッサージをすると良いそう。

[頭皮持ち上げマッサージ]
頭頂部をほぐすには、まず耳の上の部分の頭皮をゆるめることが必要です。それを改善するためには次のようなマッサージをします。
① 両手のひらのつけ根にあるふくらみを、耳の上の頭皮に押し当てる
② 両手を上に押し上げて、頭皮を持ち上げるのを4〜5回繰り返す
133ページより引用

これなら、オフィスでのすきま時間で十分できますね。

髪のためだけではなく、ストレス解消にもなりそうです。

ほかにも、こちらの書籍を参考に、髪に栄養のある食事を取り入れたり、夏のうちに「髪」の悩みを解決しましょう。

育毛のプロが教える 髪が増える髪が太くなるすごい方法

著者:辻敦哉 監修:北垣毅
定価:1400円
出版社:アスコム

Image via Shutterstock

*こちらもおすすめ

本当にどうにかしたい抜け毛&白髪。何を食べるとよいのかな?

40代からの抜け毛・白髪対策に必要な栄養素とおすすめの食品を紹介。将来、豊かな髪を保つためにも、いまから必要な栄養素を正しく摂取しておきましょう。

https://www.cafeglobe.com/2017/12/066290ml_hair.html

黒髪に戻りたいグレイヘアのみなさん! グッドニュースです!

ネイチャーラボがカナダの会社と共同開発にて特殊なペプチドを使い、世界で初めてアジア人の白髪化した毛髪を自然に回復させ、黒髪を取り戻す成分「ブラックリ...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/blackreverse.html

奥井亜輝

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    秋を美髪で迎えるために、今できること

    FBからも最新情報をお届けします。