1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い8 月のあなたの物語(3月生まれ)

haruの恋占い8 月のあなたの物語(3月生まれ)

2,650

03_01

今月は「すれ違い」というキーワードが出てしまいました。誰かとのタイミングがうまく合わないのも、今月の運勢のせい……と思って割り切って過ごしましょう。

ここで焦りを見せるのは絶対にNG。「どうして? なぜ?」と質問ぜめにして相手を追い詰めると、余計にこじれてしまいます。今月あなたがやるべきことは「静観」。相手を責めない、白黒はっきりさせない、駆け引きをしないこと。

相手の態度に振り回されずに、あなたはあなたがいまやるべきことだけに集中を。キャリアアップを狙ったり、自分磨きに精を出したり、また女友だちと旅行を楽しんだり、「彼以外のなにか」を見つけて楽しみましょう。

彼だけ、恋愛だけがあなたにとって「幸せの鍵」ではないってことがわかるはず。いいえ、賢いあなたはそれを知ってはいたのですが、最近の誰かの態度に不安になってしまい、はからずも執着心がうっかり生まれてしまっているだけなのです。

だからこそ今月、心をニュートラルにするのには最適な時期。あなたが他のことに夢中になっているのを知った誰かさんは、慌ててあなたを取り戻そうと努力するはずです。

美女の粉

アレルギーが出やすくなる時期なので、免疫力をつけて早めの対処を。とくに、目や鼻など粘液系の部位に出やすくなります。

空気清浄機やエアコンの汚れが原因かもしれないので、こまめに掃除をしたり、または思い切って買い換えを検討してみては。

haruの恋占い:8月の全体運
haruの恋占い:2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

風通しのよい人間関係を築き上げる月に。7月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

【半年に一度、振り返りのチャンス!】占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/ousaka_2018_july.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    haruの恋占い8 月のあなたの物語(3月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。