1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. ふたご座(ミトゥナ)6/15~7/14生まれ【インド占星術】

ふたご座(ミトゥナ)6/15~7/14生まれ【インド占星術】

3,281

mayu_futago

7月15日~8月14日の運勢は?

7月28日は8室やぎ座にて月食です。思いもかけなかったところからコンタクトがあったり、ずいぶんご無沙汰の人が突然あらわれるなど、ちょっと予想外の展開になりそう。それをきっかけに、あなた自身も巻き込まれたり、振り回される可能性があり。

ただ、逃げたりしないでがっつり関わり、良き着地点を見つけ出すお手伝いをしてあげましょう。棚ぼた的な恩恵がもたらされるかも……

8月11日は2室かに座にて日食になります。期待していた収入が入らない、予想外の臨時収入があるなど、収入に関して意識を向けないといけない状況が訪れそう。

LOVE

対人関係において緊張を感じる時、一触即発的なムードになってしまうかも。特に長いお付き合いのパートナーがいるあなたは要注意、お互いに気を許した関係と思って接すると、相手の逆鱗に触れて、一気に緊張が高まりそう。言葉には気をつけて、あまり羽目を外してしまわないように

BUSINESS

自営業や個人事業主として仕事されているあなたは、取引先やビジネスパートナーの動向に細心の注意を払って。資金繰りがうまくいっているのか、出した仕事はちゃんと進んでいるのかなど。会社員のあなたは、外注先の仕事の進行具合に意識を向け、任せっきりにせずコントロールしていくことで、うまく歩調を合わせていくとよいです。

TO DO

一人でお気に入りのラーメン屋へ。気力が戻ってきます。

※インド占星術では、約8割の人が、西洋占星術の太陽星座から一つ手前にずれます。

7月15日〜8月14日の全体運
ふたご座(ミトゥナ)2018年の運勢は?
「吉野まゆのインド占星術」とは?

カフェグローブのほかの占いも見る

風通しのよい人間関係を築き上げる月に。7月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

【半年に一度、振り返りのチャンス!】占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/ousaka_2018_july.html

【haruの恋占い】7月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

2018年7月は男性的な力が台頭。バランスの上手なとり方が明暗を分けます。haruのタロット占いはこちら!

https://www.cafeglobe.com/2018/06/haru_2018_july.html

Image via Shutterstock

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    ふたご座(ミトゥナ)6/15~7/14生まれ【インド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。