1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

18,156

20171216_india_top

7月15日~8月14日の全体運

7月17日はカルカサンクランティ、ちょうど1月15日に太陽がやぎ座に入室したマカラサンクランティから半年(この期間を※1 ウッタラヤナといいます)が過ぎ、後半期である※2 ダクシネヤナに突入です。

かに座は月が支配する星座であり、母なる大地、安心感や安定をもたらす星座。真夏へ向けて、ますます情熱的で情緒的な様相が加速しそう。たおやかで力強い夏の到来です!

備えあれば、憂いなし

しかし、7月28日にやぎ座で月食、8月11日にかに座で日食があるため、何らかの形で転換期を迎えることに。このあたりから社会全体が、勢いをコントロールできない、暴走してしまいがちになりそう。「備えあれば、憂いなし」です。危機管理意識を持って過ごすこと、振り返りや身の回りの点検をしてみることも重要です。

かに座を運行中のビジネスの星水星は、7月26日から逆行を開始します(8月19日まで)。社会の動きも足踏み状態に。現状維持であり、動きが減速していき、ときおり留まったり少し動いたりなど、方向が定まりにくいときです。

それぞれの目指す方向が同じようでいて違う。それも、どう違うのかが明らかになりにくいため、決定が先送りになりがちに。ですが、7月11日に木星が順行に転じるので、社会の混乱は徐々に正常化されていくでしょう。

恋愛は発展しづらいとき?

恋愛に関しては、ムードが盛り上がりにくいとき。話は盛り上がるのだけど、会話のやり取りに終始して、その先へ進みたくともハードルが高くて飛び越えられない、発展しずらいときです。

8月17日は、情熱的で勢いのある「しし座」に太陽が入るシンハサンクランティ。王の座へ戻る太陽なので変化の後のどっしりとした歩み、徐々に物事が収束していく流れに変わっていくでしょう。

※1 ウッタラヤナ:太陽がやぎ座からふたご座までにある半年のこと、吉祥と考えられる
※2 ダクシネヤナ:太陽がかに座からいて座にある半年のこと、手放すのにいい時期

やぎ座(マカラ)1月14日~2月14日生まれの人
みずがめ座(クンバ)2月15日〜3月14日生まれの人
うお座(ミーナ)3月15日~4月14日生まれの人
おひつじ座(メーシャ)4月15日~5月14日生まれの人
おうし座(ブリシャ)5月15日~6月14日生まれの人
ふたご座(ミトゥナ)6月15日~7月14日生まれの人
かに座(カルカ)7月15日~8月14日生まれの人
しし座(シンハ)8月15日~9月14日生まれの人
おとめ座(カンニャー)9月15日~10月14日生まれの人
てんびん座(トゥラー)10月15日~11月14日生まれの人
さそり座(ブリシュチカ)11月15日~12月14日生まれの人
いて座(ダヌ)12月15日~1月13日生まれの人

【吉野まゆのインド占星術】年間占い
インド占星術とは?

カフェグローブのほかの占いも見る

風通しのよい人間関係を築き上げる月に。7月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

【半年に一度、振り返りのチャンス!】占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/ousaka_2018_july.html

【haruの恋占い】7月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

2018年7月は男性的な力が台頭。バランスの上手なとり方が明暗を分けます。haruのタロット占いはこちら!

https://www.cafeglobe.com/2018/06/haru_2018_july.html

Image via Shutterstock

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。