1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ラップトップのバッテリーを長生きさせる新技術

ラップトップのバッテリーを長生きさせる新技術

外出先でもタブレットよりラップトップを多用している筆者。が、ほんの数時間の使用でバッテリー切れになってしまう……。

やっぱり、いまどきスマホやタブレットをメインに切り替えるべきなんですかね。という悩みを、GIZMODO JAPANの記事が吹き飛ばしてくれました。

画像処理装置を自動調整

台湾で開催された「COMPUTEX 2018」にて、「Intel」がラップトップ向けに発表した「Low Power Display」です。20時間駆動のラップトップを、24時間の連続駆動が可能な性能まで向上させたほか、バッテリー寿命を最大で8時間も延ばすことに成功したのだとか!

20180619_intel_1

秘密はCPU。Intel製のCPUが、内蔵されているGPU(画像処理装置)と連動し、ディスプレイのリフレッシュレートや輝度を常時調整します。

リフレッシュレートとは1秒間で画面を更新できる回数のこと。通常60Hz程度に設定されているのですが、静止画像を表示するならば実は60Hzを持続する必要はありません。

このようなときにリフレッシュレートを落とすことで、消費電力を抑えます。もちろん、キーボード操作を検知したり、動画再生がスタートしたりすれば自動的にリフレッシュレートは元の数値に。

また、周辺環境の明るさに応じて輝度の自動調節を行います。

こういった工夫により、ディスプレイの消費電力は、解像度などはそのままに、一般的なものに比べて約半分となるのだそうな(Intel調べ)。

これなら、電源カフェが見つからなくてパニックを起こす必要もなければ、そこそこ重たい電源を持ち歩く必要もなくなります。

早く商品に実装されますように……!

GIZMODO JAPAN, Gizmodo US]Image via Alex Cranz(Gizmodo US)

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 子どもに幸せな人生を送ってもらうカギは、幸せの伝染?

    8. 戦略上手だねって言われたいなら、この3つを押さえよう

    9. 離婚や介護問題にユーモアを忘れず立ち向かうために

    10. ウィーンの料理と雰囲気を楽しめるお店は、ここに

    1. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 若手社員に「仕事の断り方」を聞いてみたら回答が斜め上を行っていた

    8. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    9. 博学多才タイプ

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. 心の痛みは「現状は間違っている」ことを教えてくれる重要なシグナルです

    ラップトップのバッテリーを長生きさせる新技術

    FBからも最新情報をお届けします。