1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 人気のゾウがビーズのドレスをまとった理由

人気のゾウがビーズのドレスをまとった理由

「ロエベ」レザーアニマルシリーズのなかでも人気が高い「タン エレファント ミニ バッグ」。しなやかな1枚のレザーに熟練の職人が数回のステッチを施すことで生まれる愛らしいゾウ(のバッグ)が、素敵なビーズドレスをまとうことになりました。

20180718_loewe_1

カラフルなビーズ細工が施された「ノット オン マイ プラネット タン エレファント ミニ バッグ」184,000円(税別)。loewe.comとバーグドルフ・グッドマン限定発売。

ゾウはいま、密猟により、15分に1頭のペースで姿を消しています。その悲しい現状を知り、たち上げられたのが、ファッション界のインフルエンサーたちによって運営されるキャンペーン「Knot on My Planet(KOMP)」。

彼らの目標は、企業やブランドとコラボレートし、ゾウの密猟や象牙危機に対する意識を高めること。この度、ロエベは「Elephant Crisis Fund(ECF)」の支援をすべく、KOMPと協業し、ブランドのアイコンであるタン エレファント ミニ バッグのリミテッドエディションを作ることにしたのです。

ゾウの守り手によるビーズ細工にフォーカス

20180718_loewe_2

ケニア北部に住むサンブル族。15年前に起きた深刻な干ばつの影響から、自活できる術を模索し、ビーズ細工プロジェクトをスタートさせた。

そこで焦点を当てたのが、ケニア北部に住むサンブル族。彼らは、ゾウを守るためにケニアを拠点としてゾウの研究と保護に携わる組織、「Save the Elephant」と深い関係を築いてきました。そしてサンブル族の女性たちが、男性が家畜を放牧しに出ている間も自活できるようにとビーズ細工プロジェクトを推進していたことから、今回の限定コレクションには、彼女たちの作る精巧なハンドクラフトのビーズ細工が施されることに。

20180718_loewe_3

エレファント ミニ バッグのビーズ細工は、すべて手作業で作られる。

本コレクションの収益は全額がECFに寄付されます。かわいいバッグを持つことで地球に貢献できると思うと、ますますもって、欲しくなってしまいませんか?

20180718_loewe_4

ケニアにてエレファント ミニ バッグを身につけるKOMPグローバルアンバサダー、ドウツェン・クロース。

このバッグを身につけている時に「素敵ね!」と声をかけられたら、上記の話をしてみてください。地球上から、人間のエゴによる動物の不要な殺戮が1日も早くなくなりますように。

ロエベ

電話:03-6215-6116(ロエベジャパン カスタマーサービス)

ロエベ

*こちらもおすすめ

ひとりだけど双子。ロエベとコラボした日本人アーティストって?

「ロエベ」が2018年春夏コレクションをリリースするにあたり、日本人アーティストのイマノフミコさんとコラボレートしたコレクタブルブックを制作。彼女の...

https://www.cafeglobe.com/2018/01/loewe.html

ロエベの粋をインテリアに。スペインのクラフトマンシップ

スペインが誇るハイブランド「ロエベ」がミラノサローネ2017でホームコレクション「LOEWE:THIS IS HOME」を発表。ロエベが得意とするレ...

https://www.cafeglobe.com/2017/04/061739loewe.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    人気のゾウがビーズのドレスをまとった理由

    FBからも最新情報をお届けします。