1. Home
  2. コミュニケーション
  3. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

10,154

20180719_mentalhealth

心の不調に気づけず、メンタルヘルスを崩してしまう人は少なくありません。

体が疲れたときに休暇が必要なのと同じように、心にも定期的な休みを与えてあげることが大切です。

ライフハッカー[日本版]の記事から、メンタルヘルスが崩れる前に現れるサインをみてみましょう。

1. 周りの人に危害を与えていませんか?

shutterstock_1048652636

もし、あなたが病気にかかったとき、手術を担当した医師のメンタルヘルスが良好でなかったとしたら、想像するだけでゾッとするでしょう。

ビジネスの現場でも、周囲の人々の仕事に大きな悪影響を与えているときは、休みが必要な証拠です。

クライアントのプレゼンがあるけれどまったくやる気がでない営業活動があるのに話をする気が起きない……

というふうに周囲の人の時間をいたずらに奪ってしまうときは、すぐに休みをとりましょう。

2. 集中できない、仕事がこわい

shutterstock_687860557

仕事に行きたくないと思うことは誰にでもあることです。

ですが、その気持ちが恐怖や不安となっているときには、仕事から離れたほうが得策です。

とくに、恐怖が強くなって集中できなくなったら、心は休みを必要としています。

3. 仕事を辞めたい……

shutterstock_52532644

仕事辞めたくてたまらないときは、自分を取り巻く環境を一旦見直すためにも休みをとりましょう。

転職を考えるべきか、同僚との問題について上司と話し合うべきか。フラストレーションにさらされて、いらだっている状況では、最善の策を考えることはできません。
ライフハッカー[日本版]より引用

職場との距離をとり、冷静に考えることで、転職するべきか続けるべきか適切に判断できます。

メンタルケアはカジュアルに

メンタルヘルス休暇と聞くと、休職制度を利用するなど大がかりなものを想像してしまうかもしれません。

しかし、2日の休みをもらって、来週からまた頑張るという程度でも、メンタルヘルス休暇は十分にとれるでしょう。

ややこしいのは、ストレスが成長や心の強化につながることもある点です。

休むよりも勇気を出して挑戦したほうが、成長につながる場合もあります。

いずれにせよ、メンタルヘルスが大きく崩れてしまう前に、適度なケアをしてあげましょう。

メンタルヘルス休暇をとるときの上司への伝え方は、こちらの記事を参考に。

ライフハッカー(日本版)]Image: Angelica Alzona via Lifehacker US, Shutterstock

*こちらもおすすめ

メンタルヘルスのプロに聞いた、精神力の鍛え方

メンタルヘルスを鍛えたいのに長続きしない。そんなあなたにメンタルヘルスのプロ3人に精神力の鍛え方をアドバイス。今日から始められる8つの秘訣をご紹介し...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/ml_mentalhealth.html

折れない心「レジリエンス」を手に入れよう!

心の負荷と回復によって、メンタルが強化される「レジリエンス」という研究があります。自動的に心が強くなるレジリエンスの鍛え方を紹介します。

https://www.cafeglobe.com/2018/06/resilience.html

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    FBからも最新情報をお届けします。