1. Home
  2. キャリア
  3. 「私は何のために働いている?」ループから抜け出すには

「私は何のために働いている?」ループから抜け出すには

ビジネス格言

1,354

shutterstock_254577814

もし「仕事」や「働くこと」に対するイメージがぼんやりとするならば、「人に喜ばれる」という視点で考えるといいんじゃないかな。自分がした仕事で人に喜んでもらえると、疲れなんてふっとんじゃうからね。
——西原理恵子

『毎日かあさん』『パーマネント野ばら』などで知られる漫画家・西原理恵子さんの著書『この世でいちばん大事な「カネ」 の話』から、仕事にまつわる格言です。

幼いころから、貧困と暴力を経験してきたという西原さん。同著の中では、女性にとって“自分でお金を稼げる”ということがどれほど大切なことなのかを、実体験を元に解説しています。

毎日一生懸命働いて、心も体も疲れ切ってしまった時には、ふと「あれ、私何のためにここまでして働いているんだっけ?」と思ってしまうこともあるかもしれません。

働く意義を見失ってしまった時は、西原さんのこの言葉を思い出して原点に立ち返ってみてはいかがでしょう。

今、自分がもらっているお給料は、誰かの役に立ってその人が喜んでくれた分のお返し

仕事とは、人の役に立つこと、誰かを喜ばせること。

とてもシンプルで当たり前なことだけど、なんだか気持ちがふっと軽くなる気がしませんか?

『この世でいちばん大事な「カネ」の話』]Image via Shutterstock

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    「私は何のために働いている?」ループから抜け出すには

    FBからも最新情報をお届けします。