1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「いびきすごいね」と言われたら、睡眠時無呼吸症候群かも……

「いびきすごいね」と言われたら、睡眠時無呼吸症候群かも……

The New York Times

shutterstock_447319471

Image via Shutterstock

私が睡眠時無呼吸症候群と診断されるまでの過程で、「Heroic Snoring(英雄的ないびき)」という医学用語があったのを知ったときはちょっと気持ちが軽くなった。ちょっと変わった超人パワーを持っているみたいだ。壁の向こうに聞こえるほどの大きないびきをそう呼ぶ。

誰だって、そんないびきをかく人をひとりぐらいは知っているだろうし、毎晩、そんないびきに眠りを邪魔されて耐えている人もいるだろう。

大きすぎるいびきに要注意

いびきについて行われた研究では、いびきによって結婚生活が破綻したり、いびきをかく人と一緒に寝る人が、不眠症や頭痛や日中の疲労などに悩まされることもあることが示されている。

また、「英雄的ないびき」やそれほどひどくないいびきは、深刻な問題の兆候でもある。それは、上気道が閉鎖されて呼吸が浅くなったり止まったりして血液中の酸素量が減少する、閉塞性睡眠時無呼吸症候群だ。

生死に関わることもある?

睡眠時無呼吸症候群は生死にかかわることもある。うつ、心臓発作、脳卒中、その他の心臓疾患やインスリン抵抗のリスクが高くなることがわかっている。

私が学んだように、睡眠時無呼吸症候群をただおとなしく受け入れなくてもいい。症状をコントロールする治療法はたくさんあるのだから。

交通事故もおこしやすくなる

睡眠時無呼吸症候群の危険性は見過ごせない。この5年間で、サウスカロライナ州でのアムトラック、ロングライランド鉄道、ニュージャージー・トランジット鉄道、ブロンクスのメトロ・ノース鉄道での衝突事故があり、多くの死傷者を出し、何千万ドルという損害が生じた。どの事故の原因も、未診断や未治療の睡眠時無呼吸症候群だった

睡眠時無呼吸症候群の人が関与している電車事故、バスやトレーラートラックなどの自動車事故はこれだけではない。衝突事故の30パーセントほどは眠気に襲われたドライバーが関与しているのだ。

さらに、睡眠時無呼吸症候群のドライバーが事故に巻き込まれる可能性は、そうではないドライバーと比べて約5倍も高くなる。また、アメリカのトラック運転手の20パーセントが信号待ちでうたた寝してしまうことがあると認めている調査もある。

大きないびきじゃなくても、あり得る

睡眠時無呼吸症候群ではなくてもいびきをかくように、大きないびきをかかなくても睡眠時無呼吸症候群であることもある。だがこの二つは関係しているので、睡眠時無呼吸症候群をコントロールできればいびきもコントロールできるのだ。さまざまな機器があるし、ひどいケースでは、手術で睡眠時無呼吸症候群も、いびきも改善することができる

しかし、成人の40パーセントがいびきをかき、成人の25パーセントが睡眠時無呼吸症候群の患者といわれている数字と比べて、ほとんどの人が診断や治療を受けていない。睡眠時無呼吸症候群の90パーセントが診断を受けていないという調査結果もある。

shutterstock_1033996555

Image via Shutterstock

まずは「自覚」しよう

この現状にはいくつか理由がある。まず、本人が自覚していないこと。睡眠時無呼吸症候群があれば眠りは中断されるのだが、起こっているときに自覚症状はなく、疲れたりいびきをかいたりしていてもそれが問題だとは思わない人もいる。

睡眠が浅い人や、ときどき軽いいびきをかく人(わたしもそうだ)が、睡眠時無呼吸症候群であっても気づかないことがあるのは、私が保証する。

治療装置は良くなっているらしい

睡眠時無呼吸症候群の治療が怖い、と思われていることも理由のひとつだろう。主な治療法には「持続陽圧呼吸治療装置」がある。この装置は、口か鼻につけたマスクから加圧した空気が送られて気道をずっと保持できるようにする。マスクをしたり装置を横に置いて寝るのはいやだし不快でもある。この治療法をきちんとやっている患者の割合は60パーセントほどだというが、装置はどんどん改良されてより快適に、静かになっている(最新のモデルは無音だ)。

ダイエットもいいみたい

肥満の患者に対しては、減量が睡眠時無呼吸症の症状を改善することもある。ただ、落とした体重を維持するのはものすごく難しいのだが。

他のオプションには、口腔内装置(しゃれたマウスガードのようなものだと思えばよい)、鼻腔拡張テープなどがあり、ひどい場合には手術という手段もある。装置の値段は数百ドルから数千ドルだが、生活の質が格段に上がるので、支払う価値はあるかもしれない。

治し方がいまいち分かりにくいのが難点

これらの手段はいびき対策にもなるが、(アメリカの場合)いびきという症状には保険がきかない。市販の装置は比較的安価だが、その効果については幅広く研究されていないので、どんな人に効果があるのかは不明である。市販の装置のほうが患者に使われる頻度が少ないという調査結果もあるが、それは、おそらく専門家によってカスタマイズされた装置よりも快適ではないからだろう。

したがって、いびきを治すのは可能なのだが、費用や確実な治療法がはっきりしないことが治療への妨げになっている。

© 2018 New York Times News Service[Sleep Apnea Is More Serious Than Many People Realize/Austin Frakt](翻訳:ぬえよしこ)

*こちらもおすすめ

時間がとれないとき、睡眠or運動どちらを優先すべき? [The New York Times]

仕事と育児で忙しく、運動するには早朝の睡眠を削るしかない。どうしたらいい? 専門家が回答します。ニューヨーク・タイムズ掲載記事。

https://www.cafeglobe.com/2018/02/nyt_time.html

35歳、人生が変わった/AVIの「工夫美容」 #01

海外と日本を行き来しながら、モデルとして活躍するAVIさん。移動の連続で肌ストレスもMAXなはず。なのにいつでも美しいのは、日々の「工夫」のおかげだ...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/avi_01.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    3. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    3. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    4. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    5. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    6. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    「いびきすごいね」と言われたら、睡眠時無呼吸症候群かも……

    FBからも最新情報をお届けします。