1. Home
  2. 占い
  3. 2018年7月の運勢【逢坂杏の12星座占い】みずがめ座

2018年7月の運勢【逢坂杏の12星座占い】みずがめ座

5,827

mizugame_01

全体運

これだけはやってみる、といったテーマを決めて限界に挑戦してみましょう。今月は自分を厳しく律することで、心身共に軌道修正をはかるとき。仕事や資格取得、ダイエットなどは具体的な目標をかかげて取り組むとよいでしょう。星はあなたに悔いを残さないようにと告げています。中には親しい人との関係を犠牲にしてまで、苛酷な道に挑む人も。目的のために豹変したあなたを見て、ついていけないと離れていく人も出てくるでしょう。

7月24日以降は良き理解者の出現も暗示されています。黙っていてもわかってくれる人は必ずいるはず。今は自分のことに専念し、ひと回り大きな成長をめざしましょう。

7月28日の皆既月食はみずがめ座で発生。独立や起業に関する事柄は、思わぬ方向から救いの手がもたらされそう。身内のつてや親戚のコネなども強力な援軍に。なお今回の月食は、みずがめ座にある火星の影響を受けるため感情の振幅が激しめ。マインドフルネスを目的とした瞑想などは、心の平穏を得るのに有効です。

ビジネス運

7月9日は支配星の天王星が金星と調和。自立を促すような出来事に見舞われるかもしれません。この時期はぬるま湯的な環境よりも、自分を試せる場所にこそラッキーが隠れていそう。自己鍛錬のチャンスとらえましょう。なお通勤用の靴やバックなどはきちんとメンテナンスをすると運気がアップ。

ラブ運

7月25日は太陽と天王星が凶角をとります。自分で考え、自分で決断する人ほど正しい結論に導かれそう。婚活中の人は世間体などに振り回されず、今一度、相手に求めるものを見直してみて。カップルはパートナーの顔色を伺ってはいませんか? 家事の分担などを始めフラットな関係をめざして。

ラッキーアイテム

ラベンダーのサシェ

逢坂杏の12星座占い:2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

haruの恋占い
吉野まゆのインド占星術

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    2018年7月の運勢【逢坂杏の12星座占い】みずがめ座

    FBからも最新情報をお届けします。