1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 口紅もトマトソースの染みも「即」なかったことに!

口紅もトマトソースの染みも「即」なかったことに!

shutterstock_496107973_640

Image via Shutterstock

袖にペンのインク染みをつけてしまった! など、各所に潜むシミ・リスク。

シミは繊維自体を染めてしまうとクリーニング店であっても落とすのが難しくなるため、汚れがついてから乾くまでの5分くらいの間に落とすのが理想的といわれています。とはいえ、お手拭きや洗面所でちょっと水洗いするくらいでは落ちきらない……。

でも、シミつけちゃった、この服ともお別れかな(涙)と悲観するのはまだ早い。GIZMODO JAPANで見つけた「超音波ウォッシャー」が、わたしたちの心の支えとなってくれます。

振動で汚れを弾き飛ばす!

20180613_sharp_1

「超音波ウォッシャー」。左3点は「UW-S2」シリーズ、右3点は「UW-A2」シリーズ。各3色展開、16,070円(税込・編集部調べ)。

「SHARP」から発売された超音波ウォッシャー(累計販売10万台を超えるヒット作!)が進化し、「UW-S2」という携帯できるスリムタイプが登場したのです。従来機より体積が約40%小さく、約100gへと軽量化。化粧ポーチに入るサイズになりました。

シミがついてしまったら、当該パーツに水を含ませ、超音波ウォッシャーを当ててください。毎秒約3万8000回の超音波振動が、衣類の繊維の隙間に真空の泡を発生させ、泡が汚れを弾き飛ばしてくれます。こすり洗いをするよりも繊維の傷みが少なく、デリケートな素材にも使用可能

USBで充電ができ、使用可能時間は約15分。が、連続使用だと3分とのことなので、「シミつけちゃった!」という事態が起きたら、すぐに濡らして、即超音波をかけるべし、です。

なお、進化版として「UW-A2」というモデルも同時発売になっています。こちらは洗濯機や手洗いでは落ちにくい、頑固な部分汚れ用。超音波が出る先端が幅広なので、シャツの襟や袖などに適しています。

騙されてるのかな、と疑いたくなるくらいスルリと汚れが落ちる様子、動画で確かめてみてください。

*こちらもおすすめ

ラップトップのバッテリーを長生きさせる新技術

「Intel」がラップトップのバッテリー寿命を延ばす「Low Power Display」を発表。Intel製のCPUがGPUと連動し、リフレッシュ...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/intel.html

Netflixに「ジャンル別隠しコード」なる裏ワザがあるらしい

「Netflix」に存在する隠しコード。映像や音楽のジャンルごとに割り当てられた2〜6桁の数字で、これを入力するとジャンル該当作品がずらり。いつもと...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/netflix.html

GIZMODO JAPAN, 価格.com, YouTube, 価格.comマガジン]Image via SHARP

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    口紅もトマトソースの染みも「即」なかったことに!

    FBからも最新情報をお届けします。