1. Home
  2. キャリア
  3. 私の「判断」はなぜ揺らぐ/『働き方の哲学』2

私の「判断」はなぜ揺らぐ/『働き方の哲学』2

GettyImages-877485586

Image via Getty Images

視点を変えれば同じ景色も、グッとひらけて豊かになります。人財教育コンサルタントの村山昇さん著『働き方の哲学』は、そんな視点を73も集めた話題の書。

「よりよい仕事人生を送るためには、そうした“観(物事の捉え方)”をつくるのが大事」と話す村山さんに、カフェグローブ読者に多い女性リーダー層の悩みを聞いてもらいました。

1807_work_prof_1-1

村山 昇(むらやま・のぼる) さん
キャリア・ポートレートコンサルティング代表。組織・人事コンサルタント。概念工作家。企業の従業員・公務員を対象に、「プロフェッショナルシップ」(一個のプロとしての基盤意識)醸成研修はじめ、 「コンセプチュアル思考」研修、管理職研修、キャリア教育のプログラムを開発・実施している。 ビジネスホームページ

第1回目はこちら

はっきり指示ができない私は、信頼されてないのかも……

【質問】40代チームリーダーです。リーダーとして判断を迫られることが常ですが、優柔不断でつい言葉を濁らせてしまいます。 このところメンバーからの信頼性も下がってきたような感じがします。 きっぱり確実に選択し、安心してフォローしてもらえるコツを知りたいです。

あなたの判断が揺らぐ理由は?

今は科学技術も色々進化したりして、どんどん製品やサービスが複雑化しています。何が正解かということは、簡単に言えない時代。私たちの仕事は、ますます正解のない問いに答えをつくり出す作業になっています。

ですからリーダーの判断も、ときに「△」になったり、ときに「○」になったり、あるいは「□」になったりと、状況によっていろいろ変わってきます。極端な状況では、いわゆる朝令暮改的に、朝「△」と判断したことが、夕方には「□」にならざるをえない場合もあるかもしれません。

1807_workbook2_01

リーダーの判断が、「△」「○」「□」とまちまちであること自体は、悪いとも良いともいえないのです。実は、もう一歩踏み込んで考える必要があって……もしそれが一貫性のある原理や価値軸によって判断され、たまたま外面上いろいろになっているのであれば、それはむしろリーダーとして正当な判断です。

しかし、もしリーダーが優柔不断で、感情にまかせてコロコロ変わるのであれば、それはリーダーとして好ましくない判断です。ご質問の方がそういう状況だとまずいでしょう。

大事なのは「軸」があるかどうか

メンバーが困るのは、リーダーに基軸がないことです。基軸とは、原理原則、大切にしている価値、信条、理念、ビジョン、目的観のようなもの。リーダーとして大事なことは、自分の内に基軸を持ち、そうした基軸を普段からメンバーに語り、表明しておくことです。

1807_workbook2_02

それを常日頃おこなっていれば、朝令暮改的に変わったりしても、「✕って言ったけど、その背後にはいつもと変わらない軸がある」と、メンバーが気づけば納得します。

もう一つ、基軸となるものを自分だけでつくってしまわないことも重要です。基軸をメンバーと共につくっていき、共有する。そういう日々の対話や討議、そのプロセス自体を進めることもリーダーの重要な仕事のひとつなんです。 このようにして、共有された軸をもとに、やがてメンバーが自律的に判断・行動するようになれば、チームは大人になります。

リーダーは「どうする?」と聞いちゃダメ

もう少し掘り進んで、リーダーの役割を考えてみましょう。

リーダーシップには2つの段階があります。通常リーダーシップというと「他者・集団を導くこと」ですが、これは2つめの発展段階の姿で、他者・集団を導く前に、自分自身を導くことが必要なのです。これが1つめの段階。

1807_workbook2_03

すなわち、最初にセルフ・リーダーシップがあって、次にインターパーソナル・リーダーシップがある。そして、自己を導くにも、他者を導くにも、基軸を定めていかないといけません。自分にも他者にも一貫して貫けるものがあるかどうかが、リーダーになる資質なのです。

まず自分の思いがきちんとあって、それをメンバーに意見をもらいながら修正していく。だから、最初からリーダーが「どうする? どうする?」と揺らいでしまうのは危ないんです。

【まとめ】メンバーは、判断結果が◯なのか、△なのかということよりも、根拠となるもの、つまり元になる軸が知りたいのです。そこではっきりと、ぶれない軸を提示できるリーダーは信頼があります。
普段から判断の拠り所となっている基準や価値観を、メンバーと共有しましょう。「アカウンタビリティ(説明責任)」がぶれていなければ、メンバーはあなたを信頼してくれるはずです。

第3回目は7月27日(金)公開です。お楽しみに!

働き方の哲学──360度の視点で仕事を考える

1807_workbook_5

著者:村山昇
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:2,600円(税別)


*こちらもおすすめ

「キャリアを積む」って何だろう/『働き方の哲学』1

女性リーダー職ならではの悩みに『働き方の哲学』著者・村山昇さんが的確なアドバイス。第1回めは、周囲のキャリア志向についていけない中間管理職の話。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/workbook1.html

上層部との「板挟み」どうする/『働き方の哲学』3

経営側の指示、モチベーションを下げずにチームに落としこむには? 『働き方の哲学』著者・村山昇さんが、働く女性の悩みに的確なアドバイス。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/workbook3.html

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 科学が裏付けた、バナナの健康パワー10

    2. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    5. 隣のチームはなぜ順調に「働き方改革」が進んでいるの?

    6. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 科学が裏付けた、バナナの健康パワー10

    3. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    4. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    8. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    9. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    10. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    私の「判断」はなぜ揺らぐ/『働き方の哲学』2

    FBからも最新情報をお届けします。