1. Home
  2. キャリア
  3. 上層部との「板挟み」どうする/『働き方の哲学』3

上層部との「板挟み」どうする/『働き方の哲学』3

GettyImages-877485550

Image via Getty Images

健やかな仕事観、すなわち、物事の見方はどのように養えばよいのでしょう?

カフェグローブ読者に多い女性リーダー層の悩みに対して、ベストセラー『働き方の哲学』著者で、人財教育コンサルタントの村山昇さんが的確にアドバイス。

第1回第2回と続いて最終回は、読者の皆さんから「あるある!」の声が聞こえてきそうな、中間管理職ならではの悩みです。

1807_work_prof_1-2

村山 昇(むらやま・のぼる) さん
キャリア・ポートレートコンサルティング代表。組織・人事コンサルタント。概念工作家。企業の従業員・公務員を対象に、「プロフェッショナルシップ」(一個のプロとしての基盤意識)醸成研修はじめ、 「コンセプチュアル思考」研修、管理職研修、キャリア教育のプログラムを開発・実施している。 ビジネスホームページ

経営側の指示をチームに落とし込みにくい……

【質問】40代中間管理職です。経営側からの厳しい指示が出たときにそのままチームに落とし込むと、メンバーのモチベーションが激落ちします。どのように転換させて、伝えると良い結果に導かれるのでしょうか?

私も大企業で中間管理職をやっていたので、この気持ちはよくわかります。多くの人は、こうしたことを「コミュニケーションの問題」と捉えてしまい、テクニックを磨けば、うまく処理できるのではないかと解決しがちです。しかし、この問題を考えるには、もっと根本のことを見つめる必要があります。それは、目標と目的をセットできちんと押さえることです。

「目標はあるが、目的がない」職場が多くなっている

ふつう、企業には事業計画に基づく組織全体の目標があって、それが分割されて、事業部・部・課に割り当てられ、さらに個人に割り当てられています。そうした目標は、たいてい管理・評価がしやすいように数値化されています。

そして、個人もチームも組織全体も、この数値達成に向かって動いていきます。しかし、数値目標だけを追う仕事生活がいつもいつも続くと、人間は「目標疲れ」を起こします。いつしか数値目標がノルマ化して、数値目標にただ動かされる状態になってしまうのです。

さらに、組織全体の経営状況が苦しくなると、経営上層部から無理な数値の押しつけがくる。そうしたときに、中間管理職は「そんな厳しい目標を現場には直接伝えられない」と感じ、そこに苦悶が生じる……というのが、ご質問にある状況ではないでしょうか。

そのような厳しい数値目標が経営から落ちてくるときは大抵、経営層が「会社を存続させていくためには絶対だ!」と現場にプレッシャーをかけますし、中間管理職もそれを伝えるのが精一杯に。一方、現場の社員は「給料もらうためにはしょうがないか」と自分に言い聞かせてしまいます。

1807_workbook3_01

「坂の上の太陽」が輝いていますか?

上図のとおり、「働く」ということは、坂を上ることでもあります。その坂には、短期・中期・長期の目標がある。数値目標はそれ自体、悪ではありません。むしろ必要なものです。

しかし、坂は負荷がかかるんですね。坂の途中に旗がずらーっと並んでいる状況にはいつしか疲れが出てしまう。そこで大事になってくるのが、坂の上に太陽が登っているかということです。

坂の上の太陽、すなわち、目標の先で輝いている目的があなたの職場にはありますか

目標は目じるしとする具体的なもので、目的は「なぜそれをやるか」といった意味・価値を含み、やや抽象的なものです。例えば、介護用品メーカーならば「我が社の製品で福祉の未来を変える」といったものが目的で、売上達成や事業拡大が目標です。

1807_workbook3_02

目標&目的を語るのがリーダーの仕事

さらに大事なことは、その目標が皆で共有されているかということです。目標は厳しくても、その目的がしっかり定まっていれば、人間は内発的な動機を沸かせて、頑張ることができます。前回お話したことと同じように、リーダーの中に「目指している意味・意義・社会的使命」がしっかりあって、かつ、メンバーで共有できていれば、内発的動機ができているチームができあがります。ですから、リーダーの大事な仕事のひとつは「目標と目的をセットにして語れること」なんです。

目標だけを課すだけではまったく不十分で、「なぜこの数値目標を達成しないといけないのか。それは、長期的にはこういう目的に通じているからです」と、ちゃんと語ることができれば、きっとメンバーも納得します。

【まとめ】つまり、経営層から無理難題が降ってきたときには、まず、チームの目的をリーダーが自分の言葉で掲げ、それを全員で話し合い、共有することが第一。その目的のもとに、こういう数値目標があるから一緒にがんばろう! と言わないと、部下は動いてくれません。
それでも経営側から無理難題が降ってくる場合もあるでしょう。そのときは逆に、経営層へ、「目標設定は会社全体のどんな目的につながっているのか」を問う姿勢も必要です。
経営陣も目標は課すけれども、全社的な目的がどういう社会的意義があるのかをあまり言わない経営層もいる。そうしたときに中間管理職が悩むんです。中間管理職が声をあげていかない会社はうまくいかないもの。リーダーは数字を守る管理人でなく、導いていく役割であることを忘れないでください。

働き方の哲学──360度の視点で仕事を考える

1807_workbook_5-1

著者:村山昇
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:2,600円(税別)



「キャリアを積む」って何だろう/『働き方の哲学』1

女性リーダー職ならではの悩みに『働き方の哲学』著者・村山昇さんが的確なアドバイス。第1回めは、周囲のキャリア志向についていけない中間管理職の話。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/workbook1.html

私の「判断」はなぜ揺らぐ/『働き方の哲学』2

優柔不断で明確な指示ができない私はリーダー失格? 『働き方の哲学』著者・村山昇さんが、カフェグローブ読者に多い働く女性の悩みをスッキリ解決。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/workbook2.html

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    3. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    7. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    8. リッチなアジア人増えてきた気がするけど、本当にそうなの?

    9. 嘘みたいに優秀!? 6人の賢者が教えるオイル美容のワザ

    10. 「いいね」「できる」で記憶は変わる。がんばりたくない人むけ自己改善法

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    3. ライム病と闘う歌姫「体の機能が停止していくのを感じ、溺れたような気分」

    4. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    10. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    5. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    8. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    9. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    上層部との「板挟み」どうする/『働き方の哲学』3

    FBからも最新情報をお届けします。