1. Home
  2. ライフスタイル
  3. みんなの悩みはこれだった。美容アンケート結果発表!

みんなの悩みはこれだった。美容アンケート結果発表!

Choose Your Beauty —美しいは自分が決める—

enquete-2

先日、実施した「カフェグローブの美容アンケート」。気になる皆さんの答えは?

美容の知識はネットで

アンケートに答えてくれた読者は950人。とくに、アラサー&アラフォー世代が半数以上を占めました。

まず、「スキンケアやメイクなど、美容に関心はありますか?」の問いに対しては、さすがに約9割以上が「関心あり!」

なかでも、「美容に関する情報源」は、雑誌やテレビを抜いて「ネット」がダントツに。

1808_beauty_1

みなさん、美容の知識はネットでゲットしているんですね。

さて、みんな気になる「スキンケアの悩み」は?

回答は、乾燥・シミ・シワ・たるみ・ハリ・くすみのお悩み6天王がそろいぶみ!

日頃のケアは、美容液、化粧水、ケア、洗顔、睡眠、パック……と、みなさん頑張っている様子ですが、

「適度な運動、睡眠時間確保、野菜多めの食事」なヘルスケア派

「乾燥しないようにお風呂でパックしながら身体を洗う」みたいな保湿重視派、

「サプリメントと、美容皮膚科に通う」といった内側からのケアに気遣う声も多く上がっています。

enquete-3

中でも、年齢とともに避けられない悩みが「たるみ」

今秋の新作は、そんな「たるみ」のお悩みを解決する優秀コスメがそろってますよ。

たるみレスな肌を叶える、秋の新作「無重力コスメ」は?

秋冬のたるみやシワは、夏の日差しで受けたダメージが原因⁉ コスメの衣替えラインナップに取り入れたい、たるみレスな肌を叶える秋発売のコスメを10点ご紹...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/beauty_cosme1.html

「メイクの悩み」は、みんなどうなの?

やはり夏場だからか「化粧崩れ」「乾燥」「クマ・シミ」がダントツ。

化粧ノリが悪い、皮脂で崩れる、厚化粧になってしまう……とファンデーションの悩みはつきません。

まだまだ続く夏、化粧崩れ知らずのメイク、マスターしておきましょう。

フルマラソンを完走しても落ちないメイク術

メイク崩れが気になる夏。どんなシーンでも絶対に落ちないメイクを、人気ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんに教えてもらいましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/kaorinagai.html

そして、もう一つ目立ったのが、

「自分の化粧が合っているのか、似合っているのかわからない」とか、

「アイメイクがうまく描けない、バランスが取れない」「アイラインが引けない」といった目元メイクのお悩み

ヘア&メイクアップアーティストの土屋真由美さんから、トレンド感ある自分の顔の作り方を学びましょう。

美人に見える「ツヤ感」の出し方/自分の顔を好きになるメイク術 #01

「最近、なんだかイケてない」。鏡に映る自分をそう思ったら、ベースメイクの見直しの時期。ヘア&メイクアップアーティストの土屋真由美さんに美肌ベースの作...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/tsuchiya_basemake.html

「しゃれた顔」になる単色シャドウの使い方/自分の顔を好きになるメイク術 #02

大人の女性がスマートな印象をつくるには、「ちゃんとトレンド感を出すことも大切」。アイメイク、リップメイクで旬の顔になるコツを聞きました。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/tsuchiya_eye.html

こんな美人をめざしたいよね

最後に、皆さんに聞いた「どんな美人になりたいですか?」の問い。

石原さとみさん、ケイト・ブランシェットさん、北川景子さん、SHIHOさん……と具体的な名前ものぼるなか、「透明感があって知的。自分のスタイルがあり、いつまでも輝き続ける魅力的な人」というのがみなさんの共通イメージのよう。

カフェグローブのビューティー特集でも、そんな美しさを自分の中にきちんと見極め、魅力に変えるパワーを持つ女性たちにフォーカスしていますよ。

プロポーズは突然に。仁香さんが語る“私らしい美しさ”の築き方

40代を迎えてますます輝くモデル・仁香さん。7月には人気TV番組で16歳下の彼からプロポーズを受けたばかり。仁香さんが考える美しさとは?

https://www.cafeglobe.com/2018/08/beauty_nika.html

レンズ越しに、人間本来の「美しさ」を見つめてきた/写真家・ヨシダナギさん

アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮り続けるフォトグラファーのヨシダナギさん。カメラのフィルターを通して感じるアフリカの人びとの魅力はどこにあ...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/beauty_nagi.html

さて、あなたの「美しさ」は、どこにありますか?

Image via Shutterstock

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 利用者がライザップに支払うのは「ジムの利用料」ではない? 新しいアイデアのヒントが集結

    6. 博学多才タイプ

    7. スウェットまで洒落て見えるブランドは?

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    1. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    6. ビル・ゲイツの親友もすごい人だった。彼が語る「早いうちに習慣化させるべきこと」とは

    7. 貯金が得意な人の特徴が、全然当てはまらなくてグサッとくる......

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 博学多才タイプ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 靴を脱いだときの「足のニオイ」が怖くなくなる方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓