1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 「あーイライラする」その感情、我慢しなくていいのです

「あーイライラする」その感情、我慢しなくていいのです

2,408

20180827_bi_anger

怒りを感じた時、「いけない!」ととっさに自分を責めたり抑えこんだりしていませんか?

もしそうなら、怒りは本来感じるべきではない、良くない感情だという考えがあるからなのかもしれません。

しかし、テンプル大学フォックスビジネススクールのディアンナ・ゲッデス教授(Deanna Geddes)によれば、「怒りは健全な感情」なのだとか。感じていいのだと認めつつ、うまく対処すれば良いということです。

今回はBusiness Insider Japanの記事から、怒りへの正しい対処法をご紹介します。

距離を置いてみる

頭に血の上った状態でいくら考えても、良い決断はできません。まずは怒りの原因となる状況から物理的に離れて、なおかつ考えるものやめてみましょう。

頭をクールダウンした後に改めて問題について考えてみると、意外とたいしたことではなかったり、自分の勘違いだったことに気付くかもしれません。

自分の中で熱くなり始めているのを感じたら、その状況から離れて落ち着くことをゲッデス氏は勧めている。
(中略)
怒りを鎮めることで、物事をよりクリアに捉え、はるかに効果的なコミュニケーションが取れるようになります」セッパラ氏は言う。
「深呼吸や散歩、笑える映画を見て気を紛らわせたり、瞑想、運動、祈り —— 落ち着きや物事を見通せる力を取り戻すのに役立つことなら何でもいいです。やってみましょう」
「Business Insider Japan」より引用

怒りを感じている最中は、論理的に考えることが難しくなってしまいます。一度口から出た言葉は取り消せません。感情的になって決定的な失言してしまわないよう、頭を冷やす練習をしてみましょう。

相手を理解しようとしてみる

20180827_bi_anger2

怒りがヒートアップしている時は、極端な思考に陥りがちです。自分こそが100%正しくて、相手が全面的に(またはかなりの割合で)悪いのだと考えてしまうのです。

しかし、それでは状況が悪化するばかり。「悪気はなかったのかもしれない」「相手にも言い分があるのかも」と相手を理解しようとする努力をすれば、怒りが少しずつ収まるでしょう。

「ほとんどの人は悪意を持って行動しているわけではありません。しかし、わたしたちの多くは間違いを犯し、うっかり他人を傷つけたり、怒らせたりしてしまうのです」
(中略)
Business Insiderで以前取り上げたように、人間関係において怒りを表現する最善の方法は、1) 前向きであること、2) 相手を責めないようにすること、3) 「I statement(「わたし」を主語に、自分に限ったこととして話すテクニック)」を使うこと、4) あなたの物事の見方やニーズを話し合うことだ
「Business Insider Japan」より引用

また、怒りを感じている時の自分自身の態度を反省する習慣も身につけましょう。怒りを感じること自体は自然なことなのでガマンする必要はありませんが、その時の態度は誰でも以下のようになりがちだということを頭の片隅に置いておくと良さそうです。

セッパラ氏によると、人は怒っているとき、信じられないくらい自己中心的になる。そして、自分が正しく、相手が間違っているという証拠を手あたり次第見つけ出そうとする。
状況を解決するためには、こうした行動を避けることが重要だ。
「Business Insider Japan」より引用

「完璧な人なんていない」ということを忘れずに、思いやりを常に忘れないようにしたいもの。相手を責め立てたくなったら、その人の良いところを思い出すようにするとブレーキがかかるでしょう。

もっと詳しく知りたい方は、こちらをチェックしてみてね!

Business Insider Japan

Facebookにサヨウナラ。しあわせな人間関係を呼ぶ4つの習慣

職場での人間関係を、ほんの少しの習慣で良好にすることができます。SNSから離れてみる、仕事に追われている時こそゆっくり休む、人のせいにするのではなく...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/happy.html?test2018_01

この人、怒っているように見えますか? Yesなら、そこにはこんな理由が。

真顔の人を見て怒っていると感じたことはないだろうか? 喜びや怒りなどの表情は分かるのに、ニュートラルな顔を見分けるのに人一倍苦労する人がいるという米...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/nyt_reading-neutral-faces.html?test2018_01

Image via Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    2. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    「あーイライラする」その感情、我慢しなくていいのです

    FBからも最新情報をお届けします。