1. Home
  2. キャリア
  3. もうミスで落ち込まない。JALで学んだ仕事術

もうミスで落ち込まない。JALで学んだ仕事術

仕事の本棚

2,297

さまざまな不祥事が、連日メディアを賑わせています。「この組織、もう少しいい形で危機管理ができなかったのかしら」などと感じてしまうこともしばしば……。とはいえ、ミスを未然に防ぐという観点でいえば、他人事ではありません。

小林宏之著『JALで学んだミスを防ぐ仕事術』より、ビジネスにおけるミスへの向き合い方についてご紹介します。

20180825_book_jal2

「人と違ったことをしたい」と思うなら要注意

著者は、42年間もの長い間、JALで勤めてきた人物です。機長としてフライトを行いつつ、管理職として組織運営に携わってきた期間もあったのだとか。

その傍ら、中近東路線を担当していた時期には、自費で情報収集。欧米の危機管理やリスクマネジメントを勉強し、業務に活かしていたのだといいます。

その経験を通じていえることは、ミスを少なくすることがいかに大事かということ。

仕事の成果をあげるためには、なんといっても、まずは可能な限りミスを少なくすることが先決です。そして、日本人が不得意なリスクマネジメント・危機管理を徹底したうえで、自信を持って仕事のパフォーマンスを上げる工夫こそが、結果的に確実でいい成果につながります。
4・5ページより引用

ちなみに「人と違ったことをやりたい」と考えている人は、パイロットには向いていないのだとか。一見おもしろくなさそうなことを、実直にきちんとできる人こそが、向いているのだというから意外。

「人と違ったことをしたい」という欲がミスを生むという真理。……肝に命じたいところです。

ポジティブとネガティブ、どちらも大事

20180825_book_jal3

そもそも日本人は、最悪の事態を慎重に想定することが苦手であると著者はいいます。日本の風土として、これまで農耕民族的に楽観主義でやってこられた面もあるのではないか、という推測によるものです。

とはいえ、何の根拠もなく「危ない」「怖い」といっているだけでは、実際に危機に直面したときには何の役にも立たないのだとか。

でもその一方で十分な準備をしたら、次はなにが起こったとしても、最終的には「これだけ準備してきたんだから絶対に大丈夫」と楽観的にとらえ、最後まで決して諦めないことが重要です。(中略)
どういう状況になったら危ないのか、危機が近づいたらどうすればいいのかをあらかじめ想定し、対応策を準備したうえで、実際に危機に直面したら事前に準備したそれを、着実に実践すればいいのです。
172・173ページより引用

欧米の報道では、すべてのことが「ありうる」「起こりうる」という前提に立って行われていて、実際に何かが起きたときに、どう対応するべきかというコメントまでつけられているのだとか。

リスク管理の鉄則は、「悲観的に準備」して「楽観的に対応」する。悲観的に最悪の事態まで想定しておけば、いざというときに大丈夫だという確信を持てるとともに、落ち着いてトラブルに対応できるのです。

あらゆるリスクを想定していく意識改革が、日本人にとって必要な時期が来ているのかもしれません。

JALで学んだミスを防ぐ仕事術

著者:小林宏之
発行:SBクリエイティブ
定価:1,400円(税別)

Image via Getty Images

ポイントは1日2時間の空白をつくること。「超一流」の手帳術

仕事は増え続ける一方で、時間はいくらあっても足りない。解決に導くためには、手帳の余白にポイントがあるようです。超一流が実践している手帳の有効活用のコ...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/book_notebook.html?cx_click=pc_ranking

無茶ぶりにも負けないッ!「社長のまわり」の仕事術

すごい経営者の「まわり」には、デキる人たちが大勢います。どんな無茶ぶりにも臆せず、行動に移していく彼らの原動力は? 「社長のまわり」でトップを支える...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/book-39.html

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    もうミスで落ち込まない。JALで学んだ仕事術

    FBからも最新情報をお届けします。