1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 体が軽くなる息の吐き方/呼吸が変わるとラクになる #02

体が軽くなる息の吐き方/呼吸が変わるとラクになる #02

3,308

20180827_breathe2

撮影/さいとうむつみ

息、してますか?

してますよね。しなければ死んでしまいます。でも、日常的にきちんと息ができていない人、実はすごく多いです。

ためしに、いま、足元に何かものをおいてください。ペンでも、スマホでもなんでもいいです。では、立ち上がって、できるだけ膝を曲げず、背中をピンとさせた状態で、手を伸ばしてそれを取ってみて下さい。

息、ウッと止まりませんでしたか?

では、もう一度、足元にものを置きましょう。立った状態から、今度は手を伸ばさなくても物に手が届くところまで膝を曲げて取ってみましょう。

最初と比べていかがですか? 息が止まらず、力むこともなく楽に取れませんでしたか?

体の動き、所作と息は深い関係にあります

もう少し、息と体の関係を見ていきましょう。

立った状態で前屈をしてみます。この時の感覚をなんとなく覚えておいてください。

それでは、

1.たっぷり息を吸いましょう
2.その状態で息を止めてもう一度前屈をしてみましょう

最初と比べてどうですか?

前屈しにくく、できたとしても柔軟さに欠けませんでしたか?

今度は、先ほどとは息を変えて前屈をしてみます。

1.息を深く吸い。息を止めてみましょう
2.息を止めるのをやめてみてください。勝手に息が出ていきます(勝手に息が出ていった後は、息を吐こうとしなければ吐けません)
3.自然と息が出ていった、そのあたりで息を止め、その状態で前屈してみましょう

最初の前屈、二度目の前屈と比べてどうでしょう?

柔軟性も増し、頭に血がのぼることもなく楽に前屈できませんでしたか?

息と体はこんなふうに、リンクしています。息が止まれば動きは硬くなり、体が固くなれば、息も止まる。これは、日常的な動作、所作と切っても切り離せません。

ものを取る、立ち上がる、座る……といった動作を1日に何回くらいするでしょうか。10回? 100回? 数えきれる回数ではないことは確かです。

もし、そのたびに息を止め、力んでいたとしたら?

shutterstock_735150295

ちょっとした動作で息がとまっていることも。Image via Shutterstock

楽に生きたい、心地よく生きたい。誰もが思うことです。でも、気づかないうちに、自分で自分の体に不快感を与えることを1日に何度もしてしまっていませんか?

呼吸に目を向けたときに、多くの方が「1日のうちに何度も何度も息を止めてるし、息をしていないことに気づいてびっくりした!」と言います。

いつもなんだか疲れているし、マッサージやヨガをしても、すぐ元どおりになってしまうのは、気づかないうちに日常的に自分で息を止めて不調を生み出しているからです。

毎日の呼吸の積み重ねが「未来の自分」をつくる

呼吸において大切なのは、肺活量でもなく、呼吸法が上手にできることでもありません。日常の、ふだんの呼吸の質です。これまでの呼吸の積み重ねが今であり、これからの呼吸の積み重ねが未来になります。

まずは日常の中で息を止めないこと、止めていたらやめること。体を力ませないこと、力んでいたらやめること。そこから始めてみて下さい。そして、体の中心で深い呼吸をする感覚を思い出す「うずくまり呼吸法」を実践してみて下さい。

うずくまり呼吸法

1.椅子に座り、やさしく前へならえをし、そっと両手を合わせます。
2.指先で前にあるものをつつくように、肩甲骨から腕を前に移動させます。そうすると、背中が丸くなります。
3.その背中をキープしたまま、手のひらを天井に向け、両肘をつけ、肘をそのままおへその方へ。前屈するようなかんじです。
4.両手の間に顔を入れるようにし、頭、首、背中を脱力します。
5.そのままの状態で、ゆっくりと息を吸っていきましょう。5〜8秒くらいかけて、背中を広げるようなイメージで。
6.息を吸いきったら、10〜20秒くらいかけて吐いていきましょう。体の中にある空気を全部出していきます。この時お腹がへこんでいきます。
7.もう吐けない、というところまできたら、もう3秒ほど吐こうとしてみます。
8.ゆっくりと息を吸いながら体を起こしてきましょう。
これを5 ~10回繰り返します。

IMG_1968-breath

イラスト/森田敦史著『なにもしていないのに調子がいい』より

※次回は体がラクに動かせるようになる、正しい呼吸を取り戻す方法について。8月28日(火)公開予定です!

mani_prof

松永真美(まつなが・まみ)
呼吸・整体コーチ/マインドフルネスコーチ。東京外国語大学卒業後、出版社に勤務。学生時代にHIVに感染(現在は一切の治療をストップ)。2007年よりサッチャデーヴァ・ダース師のもとでマインドフルネスの探求を、2014年より森田敦史氏のもとで呼吸・整体の学びをスタート。現在も探求を続けている。自分、そして自分をケアすることに向き合ってきた経験を生かし、本来の自分に気づくお手伝いをしている。https://www.nowhereme.net/

息の仕方が間違っていた……。では「正しい深呼吸」って?/呼吸が変わるとラクになる #01

肩こりや腰痛、疲労感、質の悪い睡眠に悩まされているなら、「呼吸の質」を見直したほうが良いかもしれません。私たちの心身の健康を左右する呼吸。おすすめの...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/breath-1.html?test2018_01

体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

不調体質の人は、動作と呼吸がうまくリンクしていないという呼吸・整体コーチの松永真美さん。その機能を回復させる「腕抜き呼吸法」を教えてもらいます。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/breathe-3.html?test2018_01

なにもしていないのに調子がいい]文/松永真美

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    体が軽くなる息の吐き方/呼吸が変わるとラクになる #02

    FBからも最新情報をお届けします。