1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 汗のようなエッセンスで、しっとりを超えた「ぬめ肌」に

汗のようなエッセンスで、しっとりを超えた「ぬめ肌」に

に着目したエッセンス「キッカ ビューティグロウ モイスチャーエッセンス」が登場します。

20180801_chicca_1

「キッカ ビューティグロウ モイスチャーエッセンス」各125ml 6,500円(税別)。使用感がリッチとフレッシュの2タイプから選べる。※2018年9月12日発売

汗というと化粧崩れにつながったり臭ったりするイメージがあって、スキンケア製品のコンセプトに据えることに疑問を感じるかたもいるかもしれません。が、汗には天然のバリア機能としての役割があることをご存知でしょうか。

汗+皮脂で、保湿の要・皮脂膜を形成

汗腺からではなく、角質層をとおして皮膚面から行われる発汗を、不感蒸泄といいます。不感蒸泄には、皮膚の角質層に水分を補給して潤いを与え、肌のバリア機能を高める、保湿サポートの側面も。というのも、汗と皮脂が混ざり合うことで皮脂膜の形成に役立ちます。皮脂膜は肌表面の水分蒸発を防ぎ乾燥による小じわなどを予防してくれることから、汗は美肌を叶えるうえで、なくてはならない存在なのです。

ファジー乳化による圧倒的なしっとり肌

こういった汗の働きにフォーカスしたのが、この新製品。エッセンスが皮脂膜と混じり合ってファジー乳化を起こすことで、強固な水バリアをもたらし、圧倒的な湿度に満ちた「ぬめ肌」へと導きます

季節的にまだ暑く、体温調節性発汗のような自覚できる発汗(感知発汗)をしているため、汗のメリットと言われてもピンとこないでしょうか? ですが、肌が乾燥する季節はいずれ到来します。乾きを感じる前に、しっとり、もっちりとした肌づくりをしておきましょう。

キッカ

電話:0120-518-520(カネボウ化粧品)

キッカ

*こちらもおすすめ

生っぽくて、美しい。CHICCAの春コレクション

2018年1月17日(水)、「CHICCA」の春コレクションが登場。素顔のように自然な仕上がりを提唱するブランドクリエイター・吉川康雄さんによる今春...

https://www.cafeglobe.com/2018/01/chicca.html

FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

「ジバンシイ」の秋の新作は、pH値に反応して各人に色をフィットさせるリップバーム「ルージュ・パーフェクト」とグロウクリーム。ポップアップでいち早くチ...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/givenchy-2.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    汗のようなエッセンスで、しっとりを超えた「ぬめ肌」に

    FBからも最新情報をお届けします。