1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

ファッション部門からもビューティ部門からも、ニュースが絶えない「ディオール」から、またしても新情報が届きました。5年ぶりに新チークが登場するのです。

20180726_dior_1

リップスティックからインスパイアされた高発色チーク「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ」全15色 各5,700円(税別)。

「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ」は、ブランドを代表するリップスティック「ルージュ ディオール」からインスピレーションを得て生まれました。リップのような鮮やかな発色ながら、唇と頬の色が補完しあうようにデザインされているので、色選びが簡単なのがポイント。サッとまとうだけで顔全体のバランスが計算されたように仕上がります。

テクスチャーも仕上がりも素晴らしい

粉っぽさのないクリームのようになめらかなテクスチャーなので、肌に溶け込むように馴染み、美しい血色感が約6時間も続くというロングラスティングぶり。

仕上がりはマット、サテン、ツヤと3タイプから選べます。ファッションがファブリックによってルックに変化をつけているように、それぞれのエフェクトが各色の魅力を最大限に引き出すように考えられた設計は、ファッションブランドならではといえるでしょう。

20180726_dior_2

キュートなピーチカラーから、上気したような頬を演出する血色カラーまで、15色登場するなかで、注目は「601 ホログラム」(写真上)。偏光パールを配合したローズピンクが、表情に包み込むような優しさとニュアンスをもたらします。ほかのチークをまとった上から、輝きを加えるトップコート的な使い方もでき、幅広く楽しめるシェードです。

パルファン・クリスチャン・ディオール

電話:03-3239-0618(カスタマーサービス)

パルファン・クリスチャン・ディオール

*こちらもおすすめ

テクいらずでヘルシー美人。メーガン妃も使用したDiorの新コレクション

「ディオール」から新しいメイクアップコレクション「ディオール バックステージ」が誕生。ショーや撮影のバックステージで、肌色・顔立ちの異なるモデルに素...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/dior-4.html

ディオールの新たな美。クロード・カアンの願い

「ディオール」が2018年プレフォール コレクションが発売。トランスジェンダーであったアーティスト、クロード・カアンのセルフポートレートに突き動かさ...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/dior-3.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    3. 不器用な人は必見? 伝えたいことを上手に伝えるには「想像力」がポイント

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    3. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    4. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    8. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    9. 経済学の名著50冊を1冊でざっと学んで、経済的感性を身につけよう

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    6. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    9. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

    FBからも最新情報をお届けします。