1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

ファッション部門からもビューティ部門からも、ニュースが絶えない「ディオール」から、またしても新情報が届きました。5年ぶりに新チークが登場するのです。

20180726_dior_1

リップスティックからインスパイアされた高発色チーク「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ」全15色 各5,700円(税別)。

「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ」は、ブランドを代表するリップスティック「ルージュ ディオール」からインスピレーションを得て生まれました。リップのような鮮やかな発色ながら、唇と頬の色が補完しあうようにデザインされているので、色選びが簡単なのがポイント。サッとまとうだけで顔全体のバランスが計算されたように仕上がります。

テクスチャーも仕上がりも素晴らしい

粉っぽさのないクリームのようになめらかなテクスチャーなので、肌に溶け込むように馴染み、美しい血色感が約6時間も続くというロングラスティングぶり。

仕上がりはマット、サテン、ツヤと3タイプから選べます。ファッションがファブリックによってルックに変化をつけているように、それぞれのエフェクトが各色の魅力を最大限に引き出すように考えられた設計は、ファッションブランドならではといえるでしょう。

20180726_dior_2

キュートなピーチカラーから、上気したような頬を演出する血色カラーまで、15色登場するなかで、注目は「601 ホログラム」(写真上)。偏光パールを配合したローズピンクが、表情に包み込むような優しさとニュアンスをもたらします。ほかのチークをまとった上から、輝きを加えるトップコート的な使い方もでき、幅広く楽しめるシェードです。

パルファン・クリスチャン・ディオール

電話:03-3239-0618(カスタマーサービス)

パルファン・クリスチャン・ディオール

*こちらもおすすめ

テクいらずでヘルシー美人。メーガン妃も使用したDiorの新コレクション

「ディオール」から新しいメイクアップコレクション「ディオール バックステージ」が誕生。ショーや撮影のバックステージで、肌色・顔立ちの異なるモデルに素...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/dior-4.html

ディオールの新たな美。クロード・カアンの願い

「ディオール」が2018年プレフォール コレクションが発売。トランスジェンダーであったアーティスト、クロード・カアンのセルフポートレートに突き動かさ...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/dior-3.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

    FBからも最新情報をお届けします。