1. Home
  2. キャリア
  3. 黒柳徹子さんがずーっと素敵なのは「好き」を大切にしているから

黒柳徹子さんがずーっと素敵なのは「好き」を大切にしているから

ビジネス格言

1,476

energy

だから退院するときに名医と評判の院長先生に「死ぬまで病気をしないためには、どうすればいいですか」と聞いたの。そしたら先生は「ひとつだけ方法がある。好きなことだけをやって生きていくことです。進んでやる仕事をね」とおっしゃった。「はい。じゃあ、そのようにします」って言って、それからずーっと私、自分の好きなことしかしないんですね。
──黒柳徹子

2018年8月9日、85歳の誕生日を迎えたタレントの黒柳徹子さんの名言です。タレント活動だけにとどまらず、ユニセフ親善大使や執筆、司会など“生涯現役”で精力的に活躍されています。

とても元気なイメージの黒柳さんですが、デビューして5年目の頃に過労で入院したことがあるそうです。

競争の激しい芸能界で生き残るため、入院先の名医にアドバイスを求めたところ、返ってきた答えは「好きなことだけをやる」

生活の中で「好きなこと」の割合を増やす

energy-3

いきなり“好きなことだけ”は難しいですが、生活の中に占める好きなことの割合を増やすことなら今この瞬間からできます。

日頃の過ごし方を冷静に振り返ってみると、自由時間でさえも“嫌いなこと”に意外と多くの時間とエネルギーを費やしていたことに気づくはずです。

白江亜古『ニッポン・ビューティ 本物の女たちの 美しい生き方』(講談社)

*こちらもおすすめ

ひとり時間につい覗いちゃう。大先輩、黒柳徹子さんのインスタグラム

黒柳徹子さんが9月23日から始めたインスタグラム。10月初めにはフォロワー数が16万人を超えるほどの人気。スタイルや食事などトットちゃんの世界が広が...

https://www.cafeglobe.com/2016/10/057702tetsuko.html

鏡を見て「ん?」となったら思い出したい大女優の言葉 #column

顔立ちは簡単には変えられませんが、顔つきは心がけ次第でガラリと変わるもの。心の持ちようによって、美しい顔つきが手に入ると教えてくれるのが高峰秀子さん...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/beauty_word1.html

Image via Shutterstock, GettyImages

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    黒柳徹子さんがずーっと素敵なのは「好き」を大切にしているから

    FBからも最新情報をお届けします。