1. Home
  2. ライフスタイル
  3. まるで細胞復活!? 肌にハリを取り戻すスキンケア三銃士

まるで細胞復活!? 肌にハリを取り戻すスキンケア三銃士

加齢に伴い、細胞も老化し、ダメージを受けやすくなります。年齢を若くすることができないように、細胞も若返らせることはできないものなのでしょうか……。

この、いかにも無理そうな問題に対峙した勇敢なブランドがあります。ロート製薬の「エピステーム」です。

110年以上にわたって医薬品研究を行ってきた同社は、2011年より再生医療研究をスタートさせ、そこで発見した新知見を肌のエイジングケアに応用すべく、エピステームの「ステムサイエンス」シリーズを誕生させました。

ミトコンドリアの働きに着目

2018年9月に発売される3製品には、「ステムエナジーコンプレックス」という新成分が配合されます。これが、すごい。

20180801_episteme_1

乳液「エピステーム ステムサイエンスエマルジョンa」45g 15,000円(税別)。やわらかいクリーム状乳液。肌を解きほぐし、しなやかに弾むハリ肌へ。※2018年9月1日(土)発売

すべての生物の細胞にはミトコンドリアが含まれています。ミトコンドリアは、細胞内でエネルギーを生み出し、細胞年齢を左右する鍵となる存在です。若く元気なミトコンドリアを必要な場所へ移動させたら、老化した細胞が再活性するのではないだろうかと、研究チームは考えました。というのも、ミトコンドリアは、ミトコンドリアトランスファーと呼ばれる、細胞と細胞の間にトンネルをつくり、ミトコンドリアを受け渡すという現象を行っているからです。

こうして脂肪幹細胞から線維芽細胞へとミトコンドリアを移動させるアプローチを追究し、ステムエナジーコンプレックスが生まれるに至りました。

ハリアップに効果を発揮

ミトコンドリアトランスファーの促進をサポートするステムエナジーコンプレックスにより、コラーゲンの産生力がアップし、ハリ肌が再生。その様子はまるで細胞移植したかのよう!

20180801_episteme_2

左から、肌の深部に浸透し、幹細胞を呼び覚ますことでハリを蘇らせる化粧液「エピステーム ステムサイエンスローションa」150ml 15,000円、塗ってすぐに引き上げを実感できる濃密リフトクリーム「エピステーム ステムサイエンスリフトクリームa」45g 33,000円(ともに税別)。※ともに2018年9月1日(土)発売

これまでのエピステームも、脂肪幹細胞を移動・増殖させるステムSコンプレックスを開発したり、脂肪幹細胞が生み出す肌再生成分の低分子培養上清の開発に世界で初めて成功したりと、目覚ましい結果を生み、それらをエイジングケアに応用してきたロート製薬。今回の新製品も、再生医療研究を自社で行うからこそ実現できる先端ケアアイテムだと、改めて実感させられました。

スキンケアは、科学!

エピステーム

電話:03-5442-6008(9:00〜18:00※土日祝除く)

エピステーム

*こちらもおすすめ

長井かおりさん、絶対に崩れないメイク術教えて!

メイク崩れが気になる夏。どんなシーンでも絶対に落ちないメイクを、人気ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんに教えてもらいましょう。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/kaorinagai.html

夏の不快は欧米でも一緒。海外のビューティー事情

欧米の働く女性たちは、暑い夏にどのような美容の工夫をしているの? 彼女たちが愛用している、エフォートレスに夏を快適に過ごす海外コスメを紹介します。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/cosmesummer.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    まるで細胞復活!? 肌にハリを取り戻すスキンケア三銃士

    FBからも最新情報をお届けします。