1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 9月のあなたの物語(11月生まれ)

haruの恋占い 9月のあなたの物語(11月生まれ)

1,851

11_01

今月の11月生まれのあなたは「理屈っぽく」なる傾向に……。確かに正論を伝えていると思いますし、あなたが主張することは正義かもしれません。でもそれだけを相手にぶつけても、誰かの心はぴくりとも動かないみたい。

相手が欲しているのは「正論」ではなく、「柔らかなグレーゾーン」なのです。「息苦しさ」を毎日与えていたら、誰かさんは「呼吸が楽な場所」を探しに出てしまうかもしれません。

結構、いまハードな環境に取り囲まれている11月生まれの人が多いように思いますが、こんなときこそ「柔軟さ」が必要なのです。グレーゾーンや遊びの部分が大事なのです。

一度受け止めて、相手の意見を肯定すること。あなたの考えとは大きな距離があるかもしれませんが、誰かとあなたの思考回路を「きちんとつなげる」のではなく「ざっくりおおまかにつなげる」ことを心がけてみて。大事なところが一本でもつながっていたら、あとは混線していてもOKと考えるのです。その一本こそが大事なもので、あとのことは実のところ「不要」だったりするのだから。

美女の粉

下半身のむくみや怪我にご注意を。とくにむくみを放置していたら、どんどん大根ちゃんになっていきます。その日のむくみはその日のうちにとりましょう。フットマッサージャーなどを導入して毎日寝る前にほぐすと、ほっそりふくらはぎが蘇るはず。

haruの恋占い:9月の全体運
haruの恋占い:2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

風通しのよい人間関係を築き上げる月に。7月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

【半年に一度、振り返りのチャンス!】占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/ousaka_2018_july.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    haruの恋占い 9月のあなたの物語(11月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。