1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 9月のあなたの物語(2月生まれ)

haruの恋占い 9月のあなたの物語(2月生まれ)

2,342

02_01

自暴自棄。2月の恋愛の領域にはちょっと不穏なワードが出ました。現状をどうにかしたくて、勝機でもないのにいちかばちかの行動に出たり、誰かの心を試したくて心にもないことを口走ったり……。今年の全体運でも書きましたが、2018年の2月生まれさんが徹底して守らないといけないのは「素直さ」です。

誰かから愛の言葉を引き出したくて、わざと天邪鬼な行動をとったり、「好き」と言ってもらうために「わたしのこと、どうでもいいと思ってるんでしょ!」と相手を追い詰めて「好き」を無理やり引き出そうとすると、必ずその作戦は失敗します。

プライドの高さがあなた自身をどんどん不幸にしていく時期なので、今月の言動・行動には細心の注意を払ってください。誰かにヤキモチを焼かせたくて、ほかの人とデートをし、そのことを匂わせる……なんてもってのほか。

誰かはあなたを引きとめようとするどころか、どんどん精神的に消耗していって、最終的には「疲れた」という言葉を口に出すようになります。こうなってからは、リカバリーするのは大変ですよ。

相手の気持ちを無理やり引き出す、引き寄せるのではなく、「わたしはあなたのことが大好きなの」という本当の気持ちをストレートに伝えて。それさえできれば、徐々にもつれた関係は好転していくから。

美女の粉

夏の疲れと私生活のごちゃごちゃで思考が乱れがちに。そのため「うっかりやけど、うっかり怪我」をしてしまうかも。朝起きてすぐが大事。できれば、目が覚めたら1分でもいいので、呼吸を意識した瞑想を習慣にしてみて。乱れた思考が整い、所作も心も穏やかになっていくはず。

haruの恋占い:9月の全体運
haruの恋占い:2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

風通しのよい人間関係を築き上げる月に。7月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

【半年に一度、振り返りのチャンス!】占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/ousaka_2018_july.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    haruの恋占い 9月のあなたの物語(2月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。