1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. haruの恋占い 9月のあなたの物語(6月生まれ)

haruの恋占い 9月のあなたの物語(6月生まれ)

1,884

06_01

今年はラブ運最高潮の6月生まれのあなたですが……うーん、9月はいったん「おやすみ」の状況になりそう。ごめんなさい。環境が変わったり、体調不良などが重なり、気持ちに余裕がなくなりそうなのです。そのためイライラが増し、誰かに不本意に八つ当たりしたり、また無駄に嫉妬心を燃やしたりと、心穏やかではいられなくなる日々が続きそう。

まず今月は「健康な体」を取り戻すことが第一のミッション。体が軽やかでないと、心も柔らかくならないし、人にも優しくなれませんものね。癒し脳内物質セロトニンを増やすために、ウォーキングやジョギングにトライしたり、またセロトニンの発生に大きく影響すると言われている「腸内環境」を整えるなど、ヘルス関係の情報を集めて、自分にあった健康的な生活を心がけてみて。

10月に、いよいよラブ運のピークがやってくるので、今月はその準備期間です。いつ、どんな状況で出会っても、穏やかな笑みを浮かべることができるよう、まずは体質改善を!

美女の粉

上記でも書いたように、セロトニン不足は美容の大きな敵! 白髪が増える、姿勢が悪くなるなど、美女度が落ちていく原因なので、まずは形からのアプローチ……つまり「姿勢を正す」「口角をあげる」などで、セロトニンスイッチを入れて。それだけで脳はだまされて「セロトニン」をどばっと出してくれます。

haruの恋占い:9月の全体運
haruの恋占い:2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

風通しのよい人間関係を築き上げる月に。7月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

【半年に一度、振り返りのチャンス!】占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/ousaka_2018_july.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    haruの恋占い 9月のあなたの物語(6月生まれ)

    FBからも最新情報をお届けします。