1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. いて座(ダヌ)12/15~1/13生まれ【インド占星術】

いて座(ダヌ)12/15~1/13生まれ【インド占星術】

1,897

mayu_ite

8月15日〜9月14日の運勢は?

学びを一層深めていきたい、本質を極めてみたいといった気持ちに駆られる時。インスピレーションが働く時でもあるので、これから学びをどのように活かしていくのか、誰から学ぶのかが見えてくるはず。

仕事や収入に直結するわけではないけど、好奇心や知識欲を満足させたい、納得できるところまで深めてみたいという気持ちが強まるこの時期、時間の許す限り学習に向かう時間を確保しましょう

長期の夏休みがとれたなら原書にあたるのも吉。新たな発見や気づきが得られるし、何より学ぶこと、深めていくことへのモチベーションが高まります。

LOVE

パートナーとの関係性が加速度をつけて進展していきそう。特に9月に入ってからは早いです。結婚話が出てトントンと相手のご両親への挨拶、結婚式や入籍など具体的なことがどんどん進んでいくかも。

フリーのあなたは、同じ学びの場での出会いが期待できます。最初は恋愛感情を全く感じないかもしれませんが徐々に会う回数を重ねるごとに距離が縮まっていきそう。

BUSINESS

日頃からあなたが真剣に仕事に取り組んできたことの成果が出るタイミングであり、上司からの評価がぐんと高まる予感。給料やボーナスもアップしたのでは? これを機にステージが変わり、また新たなミッションが課され、新たな目標に向かってあなた自身もリセットしていく時期です。

結果を出すには正当な主張はすべき。自分の利益のためだけでなく、周りの仲間や会社全体としての利益を出すため、という視点を忘れないで。

TO DO

本物に触れる。美術館や博物館に行くのもよい。

※インド占星術では、約8割の人が、西洋占星術の太陽星座から一つ手前にずれます。

8月15日〜9月14日の全体運
いて座(ダヌ)2018年の運勢は?
「吉野まゆのインド占星術」とは?

カフェグローブのほかの占いも見る

物事の流れが紆余曲折しがちに。8月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

[8月は物事の流れが紆余曲折しがち]占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/ousaka_2018_august.html

【haruの恋占い】8月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年8月は、刺激ではなく静寂を求めるとき。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/haru_2018_august.html

Image via Shutterstock

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    いて座(ダヌ)12/15~1/13生まれ【インド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。